エントリー

被相続人が居住する家の中の金品

  • 2020/01/14 14:59

被相続人が居住する土地建物内外に有る金品、全て被相続人の所有とは限りません、それすら全く理化も不可能、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省の、本当の頭の程度がこうです。

遺産泥棒と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪によって遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪者が犯罪で得た利得を、共犯の弁護士、司法書士共々手に出来た、ように犯罪によって偽り、通して有る、司法犯罪制度に拠り。

この犯罪用に「遺産と併せて、他者の財産も強奪、窃盗に成功すれば、犯罪で得た遺産共々、泥棒が合わせて所有権を得たと、犯罪によって偽り、強制的に通して居る」

遺産と併せて、他者の財産も強奪、窃盗に成功した犯罪者に対して「どっちの泥棒も認めなければ、泥棒行為を遺産泥棒共々訴追が必要となりますから”司法遺産泥棒入手制度擁護”の為に、遺産と併せて他者の財物も泥棒入手、こっちも認めているんです、司法、警察、国税が、犯罪の共犯となって」

この犯罪が、阿部さんの両親の遺産泥棒と、阿部さんの所有する除雪機も、遺産泥棒の甥が盗んで居たが「除雪機泥棒の方は、盗品の除雪機警察が保全に成功と、犯人確保を果たして居ます、れっきとした窃盗罪行為が、盗品除雪機保全と、犯人確保共に果たされ、窃盗罪が証明されて居ます」

となり、じゃあ「この泥棒の他の犯罪、孫による、祖父母の遺産不正、犯罪侵奪、窃盗、詐取犯罪は、どう扱うのか、逃がすのか”生活保護受給者二名の正の遺産泥棒、詐取とも承知で、保護費詐欺も認めて通すのか”これが大問題、司法犯罪制度活用でも、犯罪と扱われて、盗品保全と犯人確保が果たされて居る、遺産泥棒と同じ犯人で」

この事件、どう公式に今後扱うのか、大事がどんどん拡大して行って居ます、司法犯罪天国日本で起きて居る、弁護士用司法犯罪実例、証拠、司法犯罪が。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766099
ユニークアクセス:4006649
今日
ページビュー:206
ユニークアクセス:161
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed