エントリー

司法犯罪により、日本の治安破壊、司法テロ国家樹立

  • 2020/01/15 09:26

日本国憲法の規定から、司法犯罪、テロ国家権力は、次々蹂躙、破壊、無効化に走り続けて居ます、憲法第29条破壊、他者の財産所有権無効化は、相続遺産分割除外説だの、闇ででっち上げて、強制適用だけさせて、民法第896条、1031条、新民法第896条破壊達成、犯罪を認めて他者の財産強盗、泥棒、詐取が正しい、ように強制偽造を行わせて、犯罪を消して通して居ます。

司法が犯罪の頭で、司法が犯罪の指揮を執り、関係する機関等が「司法からの犯罪要求を、無条件で請けて、犯罪に手を染めており、司法犯罪が常時成功して居て、他者の財産犯罪入手、逸失被害が強引に消されて、被害者泣き寝入り、司法犯罪を証明した角で、冤罪粛清もされて居るのです」

こう言った司法犯罪に、違法日本滞在外国人が、他の犯罪も行った嫌疑で訴追もされて、入管が身柄拘束、旅券没収もされず、旅券を所持して、自由の身とされる、カルロスゴーン氏事件が、法曹権力の手で、刑事訴訟法判例として、作られてしまいました。

今後違法滞在の身で、別の犯罪にも手を染めた嫌疑で、刑事訴追もされた外国人が「旅券を所持出来て、自由の身になる訳です、何しろ司法が国際的に作った、公の判例ですから”旅券法、入管法の破壊、が司法テロ、犯罪の制度化達成の武器、相変わらずの、司法テロ集団による、日本国憲法、法律破壊強制決定、司法テロです、司法犯罪の制度化達成です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5046416
ユニークアクセス:4261199
今日
ページビュー:653
ユニークアクセス:395
昨日
ページビュー:956
ユニークアクセス:934

Feed