エントリー

司法は犯罪行為国家権力

  • 2020/01/16 09:55

どんどん事実、証拠が出続けて、司法は犯罪国家権力、この事実が立証されて行って居ます。

阿部健一、花枝さんの遺産を、法を犯して手にした、相続人次男、生活保護受給者の次男の息子は「司法犯罪、法務省、国税犯罪制度?により”法を犯して得た遺産は、泥棒、詐取に成功したので、司法犯罪の制度化が適用されて、犯罪者次男息子が、法によらず手に出来た、と偽って決めて有る”司法が犯罪を正しい、と、法を犯して決めたからだ、こう、法務省、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌弁護士会、弁護士全員が、公式な犯罪指揮、実行犯となり、強制決定に走って居ます」

一方田辺市は「相続人、保護受給者次男と同じく”野崎幸助さんから、野崎さんの全財産の遺贈を受けたが、正規の相続人である、野崎さんの奥方の相続減殺遺留分が、法によって5割あるので、田辺市と奥方とで、遺産を5割ずつ相続する”と手続きに入って居ます」

又「遺言状により、遺贈を受けた田辺市は”野崎さんに債務が有った場合に備えて、野崎さんの債務支払いは、正の遺産相続受けの範囲内に限る、限定相続として居ます”阿部健一、花枝氏の遺産を、法を犯して得ている、相続人次男、保護受給者の相続人の息子に、司法が公認して居る、正の遺産法を犯して入手が正しい、負の遺産は、生活保護法違反も司法が共犯で認めるので、保護費詐欺だが、負の遺産放棄を認める」

之に走っている訳です、税金詐欺にも司法は、公式に加担、実行に走って居るのです、極悪非道を超えた、犯罪司法の事実立証です。

増して相続人次男の息子、祖父母の遺産犯罪入手犯人は「叔父の家から、叔父の所有に帰する除雪機も窃盗して、除雪機証拠で押収、次男息子も引っ張られて居ます”こう言った犯罪行為犯と立証されて居る、相続人保護受給者次男の息子に、保護費詐欺も公認する事が、出来るのでしょうか”」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5046458
ユニークアクセス:4261241
今日
ページビュー:695
ユニークアクセス:437
昨日
ページビュー:956
ユニークアクセス:934

Feed