エントリー

司法、法務省は憲法、法律破壊テロ国家権力

  • 2020/01/16 15:44

次々公式証明されて来て居る、司法、法務省の犯罪公務、刑事、民事訴訟法手続き、公務事実です。

日本国憲法、法律の規定から、何もこの連中、実は知らないのが本当です、大元の正しい社会、仕事の常識から、ほぼ知らないから「社会を正しく律して居る物は、日本国民が正しい常識を持ち、社会を律して居るから、ここから全く何も、本当に分からないんです」

正しい社会常識から、ほぼ分からないで、司法、法務省特権に凝り固まってだけ居るので「どんどん常軌を逸した、国内外テロ、犯罪集団化を進行させて居ます”カルロスゴーン氏の事件でも、憲法規定上から、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所には、旅券法、入管法独裁所管権限もない、この憲法、法律規定も全く理解不可能で”」

単なる民間業者の弘中他弁護士に「旅券法、入管法独裁所管権限が有る、こう無知さをさらけ出して錯覚して、弘中ら弁護士が、ゴーン氏の旅券を保管、所持して、扱う特権を持ち、ゴーン氏、違法滞在者、入管法第70条により、刑事罰則が科せられるゴーン氏を、弘中他弁護士が、入管法蹂躙、犯罪に拠ってゴーン氏の身柄を、刑事訴訟法手続きで、公式に預かる、当然入管法違反、犯罪行為に、東京地検、森本ら検事、東京地裁刑事部、島田一ら裁判官が、公務で走ったと言う、職権乱用の犯罪、先ず法曹資格を停止する事が必須、の憲法、法律蹂躙司法テロ、に、公に走った結果」

ゴーン氏は友人らと共に、自由に国内外旅行を楽しみ、違法滞在だった日本を出て、トルコ経由で、レバノンに出国出来た訳です。

明らか過ぎる「司法テロ、犯罪による、上記犯罪の数々です、ゴーン氏自由の身、入管法違反故、違法滞在なのに、司法犯罪により、旅券所持と自由を与えて貰った結果、ですが」

腐り切った報道も含めて「ここまで明白な、司法テロ、犯罪を、報道せず、司法犯罪実行犯を逃がしに走って居るんです、犯罪司法を、憲法、法律破壊で逃がそうと必死に情報虚言発信操作、に走っても居ます」

報道カルトは、司法犯罪国家権力と、犯罪支援、犯罪指揮、犯罪実行で同じ行為者ですから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766082
ユニークアクセス:4006635
今日
ページビュー:189
ユニークアクセス:147
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed