エントリー

判決で決定済み、義父母の遺産預金通帳、印鑑

  • 2020/02/13 16:20

金融機関から「妻が”両親緒遺産となった預金通帳、届け出印鑑の存在”を問われましたので、別紙文書記載を、各金融機関に伝えて有ります」

何しろ「司法決定事項です”妻の両親の遺産預金通帳、届出印は、次男と長女が絶対所持権者であり、合法相続手続きの為にも、返還して保全する、と4男が訴えて、訴え自体が犯罪である、この違法な訴えは、私が4男を偽り、提起した、犯罪行為訴訟で有る、私が犯罪者と確定して居る、次男と長女に犯罪行為事実を証明した、4男を騙り訴訟を提起した、私が高額賠償金支払いせよ”と判決も出て居るんです」

当然ですが「4男も妻も、次男に両親の預金通帳、届出印簡に付いて、関わりを持てば”私も含めて、犯罪行為者とされて、逮捕されます”何しろ確定判決が有るんですから、両親の遺産預金通帳、届出印に付いて、次男、長女に何かを言えば、犯罪者となる、確定判決が有るんだから」

恐ろしい日本の弁護士が指揮を執り、裁判所、裁判官が「合憲、合法は間違い、司法犯罪のみが絶対で通る、之だけを強制決定、判決に書いて確定させて、通して居る日本の司法テロの実態なのですから」

両親の遺産預金通帳、届出印は「次男が絶対の所有権者であり、誰も次男に”両親緒預金通帳、届出印に付いて、存在証明から求められません、刑事犯罪行為者と、即刻確定されて、逮捕拘留、起訴されて、油剤に落とされて、高額損害賠償金支払いも命じられます”」

こんな恐ろしい結果を、司法テロ権力が生み出して居る、両親の窃盗された遺産金、預金通帳、届出印なのです、次男と長女は、正しい犯罪行為者、次男の妻子共々、こう確定判決も出ており、この連中の犯罪事実を証明して、訴訟を提起して、犯罪撲滅、犯罪被害の回復、合法な遺産相続実現を求めれば、即刻刑事犯罪者と確定されて、逮捕されますからね。

両親の遺産預金が有る金融機関各位も「絶対に両親の遺産預金通帳、届出印を、正しく示す事、等求めては駄目です、速攻で刑事犯罪者と確定されて、逮捕されて、高額賠償請求されるから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797755
ユニークアクセス:4034981
今日
ページビュー:269
ユニークアクセス:266
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed