エントリー

司法犯罪、仕組み解明、犯罪破壊、破綻

  • 2020/02/14 13:00

司法犯罪、遺産強盗で所有権強奪、相続遺産分割除外説とやらをでっち上げて有り、犯罪を重ねて遺産を奪えれば、犯罪者と共犯弁護士が所有権を得たと、司法が犯罪決定、判決区を出して、法律破壊を押し通す事で、成立させて来て有ります。

阿部健一、花枝さんの遺産相続事件でも「遺産土地建物は、地面師詐欺で、被相続人の甥に、札幌法務局、國分三恵子司法書士が結託して、名義全てを甥名義に書き換えて、収奪して居ます」

遺産預金、年金も、窃盗、詐取を働き、甥がこれ等の遺産資金を手に入れている、とんでもない現実です、之も司法犯罪、遺産犯罪で入手、犯罪者が所有権を得た、と偽る、司法犯罪説をなぞり、行われ、押し通されて来て居ます。

相続人4人の内、2名が保護受給者ですから、甥の父親相続人も、保護受給者ですから、この一連の犯罪は「保護費詐欺でも有るのです、秋元市長、市議会、保護自立支援課も、今では公式に?保護受給者の相続遺産金窃盗、詐取行為、つまり生活保護費詐欺、税金詐欺に加担して居ます、司法、警察、報道も、直接この犯罪に加担、手助けを行って居るんです」

今月末には「甥が盗めなかった遺産金70万円位と、大量の遺産動産”だけ”を、法と相続人の意思と、相続遺産全ての証明行為と、”犯罪で奪われて居る、900万円位の遺産金を強引に除外させて、これだけ”を法曹権力を悪用させて、審判強制決定、詐欺遺産相続決定を下されます。

予定では、この訴訟詐欺、審判詐欺、恐喝決定を武器で駆使して「甥が祖父母の遺産を、犯罪に手を染めて奪った事実を抹殺して、叔父が居住して居て、二の個人事業も営んで居る、地面師詐欺で収奪した遺産土地建物から、強盗行為司法犯罪、により、叩き出す予定を、弁護士、裁判官、裁判所が組んで居たのです」

審判の決定が出た、審判決定分が相続遺産の全てだ、他に遺産は存在して居ない、叔父の甥名義土地建物所有権侵害は明白だ、叔父が甥名義の土地、建物に居住し、個人事業も営んで居る事に、何の合法も無い、違法に甥名義の土地建物を侵奪して、使って居るのだ、強制退去用執行も認める、内外に有る物品も、甥は所有者と偽装して、闇で処理する、これを、不動産明け渡しを求めて居る裁判でも、甥が100%、遺産だった土地建物、内外物品の所有権者だ、と強制偽装して。

司法犯罪を重ねて、処理を終えさせて、通されて居ます、唯一神法曹権力が、定番の犯罪凶行を武器で駆使して、成功に持ち込まれて居ます、甥と弁護士は、犯罪行為を認めて居ます、裁判官、裁判所の犯罪公認、指揮が、この事件でも絶対で通るのか、大注目ともなって居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797674
ユニークアクセス:4034901
今日
ページビュー:188
ユニークアクセス:186
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed