エントリー

札幌市の場合

  • 2020/02/14 15:30

札幌市の場合は「市議会議員から、役人が呼ばれて、議会で質問を受ける時も合わせて”議員側から追及、問い質されても、質問を返せない仕組み”なのだそうです」

要するに、言われっぱなしと言う仕組みとの事です、何故でしょうか?議員は立法、役所、役人は行政です、対等の筈でしょう。

こんな事だから、まともな地方自治が果たせないんでしょうね「政治、行政が、互いに不備を補い合って、地方自治を正しく遂行しなければならないのにね」

江戸時代のまま、変わって来なかったんでしょうね「これだもの、当社が事実を証明して、法を犯して居る、特に司法、行政、警察犯罪を合法化に向かわせる為、動いても”悪陰で口を揃って吐く以外、まともに公務遂行、合法化に向かう事も出来ない訳です”情けない話です。

根本が全く違うんでしょうね、私は「法を強く犯しており、認められない、適法化に変えるべきと言って居ますが”根本から何が間違いなのかから、全く思考、判断出来る物を持って居ない”それで有れば、通じる筈も有りません」

自民も民主市民連合も同じでした、与野党ぶって居ても「同じですね、思考、行動が、同じ人間が、与野党ごっこに興じているに過ぎない、と言う事でしょう」

公の為に動く意識、行動原理が全く無いんですね、役人は反論出来ない、言いっ放しで良い、微温湯に浸かり切って来れたから、こうなって居るんでしょうね、与野党ごっこに興じているだけの、地方議員集団化して居るんでしょう。

生活保護法、地方税法、廃掃法、こう言った専門分野の法律等、考えた事も無かったんでしょうしね、言われても分かる訳も無い、と言う事でしょう。

この程度ですから「政治調査活動費の使用にしても”行使の区別も付けられ無い訳です”まともな常識に沿い、地方議会議員職を務める事自体、無理なのでしょうね、本当の所」

まあ、もう元には戻せませんから、保護受給者も負の遺産、遺産動産等の相続も発生して来て居る、保護事業、地方自治体首長、地方議会議員が、司法と共にない事とさせて来た、物理的負の遺産相続、も。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797754
ユニークアクセス:4034980
今日
ページビュー:268
ユニークアクセス:265
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed