エントリー

犯罪相続しか出来ないから

  • 2020/03/09 06:42

弁護士、検事、裁判官、調停委員、公証人、この司法カルト集団、調停員は元書記官ら、公証人は元検事、裁判官が主体、の連中は「世間知が全く備わって居ない、それ以前に”事の正しい善悪判断能力がほぼ備わって居ません、自分達を全知全能の絶対神だ、自分達が決めたら絶対だ、黙って言いなりに、決めた通りが正しいように、必要な法破り、犯罪に手を染めて、司法決定を成功させろ”」

これを常時要求して、他の国家権力、国家資格者、関係する事業者等が「司法犯罪要求を受け入れて、必要な犯罪に、喜んで手を染めて、司法犯罪適法蹴邸が正しい、と偽り、成功させる事だけに走って来て居るのです”犯罪組織の上が、顎をしゃくれば、下が犯罪に手を染める”の構図と同じなのです」

司法が犯罪を適法だと、法律も何も、正しい常識からして知らない頭で「法曹資格者、神が決めた、従え、と要求したからと、他の権力が、無条件で犯罪に手を染めて、司法からの犯罪適法でっち上げ決定が正しい、と偽装して、通して居るから成功して居る、之が事実です」

;死人が死後、死人自身で預金を引き出しており、遺産預金は死人により、正しく引き出され、遺産から失われた、手続き書類、帳簿等を死人が預金引き出し、と偽造して、犯行ビデオを隠匿もして、正しい死人による預金引き出しだ、との虚偽を強引に成功させて有る、司法オカルト犯罪です。

;遺言状が有り、他の相続人が民法第1031条で守られて居る、相続遺留分、減殺遺留分も遺贈を受ける者が収奪出来る、と書いて有るからを根拠と言い張り”遺産預金は死人が死後引き出した、との偽造の手で窃盗、横領入手、遺産不動産は地面師詐欺の手で詐取”この犯罪により、遺産を犯罪で収奪して来て居ます。

;負債となっている遺産不動産、遺産物品は”相続対象では無い、事に弁護士、裁判官、調停委員、公証人等で、法を破戒して強制決定して、未来と地元自治体に、処理の付を回す事に狂奔して居る”

何処にも合法が無い、犯罪で構成されて居て、犯罪によって成功させて有る、極悪な司法テロ相続、が実際なのです「当社が公式に、遺産相続調停、審判、裁判で証明を果たした。当事者の求めで必要調査を行い、立証した事です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956319
ユニークアクセス:4180097
今日
ページビュー:973
ユニークアクセス:945
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed