エントリー

不動産明け渡し強制執行、実際は司法強盗

  • 2020/03/09 07:18

不動産明け渡し強制執行、実際の所業は「裁判官、裁判所、弁護士による、強盗行為でしか有りません、占有場所に有る金品を”誰が所有者かもすっ飛ばして強盗、破壊収奪して居ます”」

強奪、破壊した占有場所に有る金品を、札幌の場合であれば、道民運輸、まこと引越センターの倉庫に運び込み「執行官が廃棄責任者、排出者と偽り、物品所有者と偽り、産廃と虚偽を吐き、環境事業公社、産廃業者ぐるみで強制処分、犯罪処分して居るし、執行官が所有者の古物と偽り、古物商と売買取引して居ます」

単なる強盗ですよ、之が不動産明け渡し強制執行の実務です、当社が証明した事の一つです。

この司法犯罪と「遺言状が有る、を理由とさせて、他の相続人が民法第1031条で守られて居る、遺留分相続の権利も蹂躙して、遺産不動産の名義を全部、遺贈を受けた人間名義に、地面師詐欺で書き換えて、強奪して居る司法犯罪が組み合わされて」

他者の所有する不動産、司法強盗収奪も、成功させられて居る訳です「不動産取引の、法に沿った実務など、司法、法務省は何も知らないから、無法の限りに走り、司法書士、弁護士用の犯罪、不動産犯罪収奪、施入場所に有る金品強盗を合わせて、他者の所有する、権利を有する不動産強奪も、強引に成功させて来れて居る訳です」

強盗、地面師詐欺を、法曹資格者、裁判所、執行官、行政が共謀して凶行して、強引に、犯罪により成功させて居ます、司法犯罪の闇のからくりです。

この手口と変わらない司法犯罪、他者の所有する不同案を、強制売却する悪行も、公式に重ねて居ます「関係法律、不動産の実務を知って居れば、正しい対抗策を講じられます、不動産取引の実務を知って居れば、こんな司法不動産強盗に、正しく対抗出来るのです」

借金のかたにもなって居ない、他人様の所有して居る土地建物を、全く別の「司法犯罪判決で生み出した債権の回収を目論見、競売に付すと決定した、とやったって”お金を貸して、債務者の所有する不動産に、一定の借金返済の滞りを根拠とさせて、貸したお金を返して貰う為に、根抵当を打って有る債務者の不動産を競売に付す”事件とは、全く違うんですよね」

根抵当を打って有り、債務者がお金を返せなくなって、債権回収の為に債権者、根抵当を打って居る権利者が、債務者の不動産を競売に付した事件で有れば「一番抵当権者が、一番先に債権を回収出来ます、不動産が売れればですが”でも、根抵当も打って居ない人間が、勝手に他者の不動産を競売に付したって、抵当権者が先にお金を回収しますし、抵当権者が応じなければ、債務を別人が返すから、と言ったって根抵当は外れません」

又、他の権利者が居て、立退料が発生する、引き渡し時に、大量の物品が残って居るなら、処理費も購入者負担です、幾らお金が居るか、ですからねえ、誰か買うんでしょうか?

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956217
ユニークアクセス:4179997
今日
ページビュー:871
ユニークアクセス:845
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed