エントリー

未相続の遺産物品

  • 2020/03/09 11:36

未相続の遺産物品は「相続遺産物品と、供養を引き継ぐ物品と、分かれています”ですから遺産物品の証明は、幾つもの区分分けが必要なのです”」

相続外の遺産物品、形見分けが有りますし、有価古物が有ります、そして、供養を引き継ぐ人が受け継ぐ信教の対象遺産物品に、廃棄する対象遺産物品、こう言った区分分けが基本必要です。

これ等をきちんと分けて、相続人方から聞いた上で、分類して、相続人が受け継ぎたい物品も、相続人が他の意向を聞いて、区分けして、区分けした遺産物品証明を作るのです。

これ等が分からないと、未相続の遺産物品も含めて、相続には関われません、他人が相続に関わるのであれば、こう言った未相続の遺産物品の、区分ごとの扱い、仕分けも、正しく理解して、出来なければならないんです。

弁護士、司法書士、行政書士、税理士だの行った所で「上記すら、多分誰も理解以前で、分からないと思いますよ”こう言った未相続遺産物品の、正しい法に沿った仕分けと、相続人方の意思の調整と、扱い毎の分類、正、負の遺産分類、証明書作成等々”未相続の遺産物品の、正しい相続の為の証明書作成だけでも、凄い相続の実務知識が必要です」

今回の広告は「先ず、未相続の遺産物品は、遺品整理屋等を頼み、闇処理してはならない、これを札幌市の戸籍住民課の封筒に、宣伝で打ち、市民に遺品整理は法を犯して居る?こう疑問を抱いて頂く、札幌市役所と協力した形の、未相続遺産金品泥棒他を潰す為の広告です」

本来は一民間業者が打つ広告でも無いのですけれどね、当社以外は打てない、法を犯す業者を使てはなりません、啓蒙広告ですから、止むを得ないでしょう。

正しい相続を先ず果たさなければならない、未相続の遺産金品を、闇の業者を使い、闇に消す、遺品整理請負を、正しく犯罪委任、犯罪請負と、司法に続き、札幌市役所、市議会に、公に求めさせる事も踏まえた広告です。

遺品整理、生前整理請負業者は「真っ当な業者で、これ等の請負も真っ当だと、報道も嘘と承知で宣伝して居ます、犯罪請負を、犯罪なのに正業と偽り、遺品整理屋の広告を垂れ流して居るのです、報道各社も」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956240
ユニークアクセス:4180020
今日
ページビュー:894
ユニークアクセス:868
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed