エントリー

未相続の遺産金品は、相続が終わるまで手を付けられない

  • 2020/03/09 15:30

日本では過去からずっと、遺産は犯罪に手を染めて、手に入れれば犯罪者が所有権を得る、遺産から強制抹殺を、司法、警察が指揮を執り、通して来て居る、証拠偽造、隠滅を武器で使って、司法、警察権力を悪用させて。

之が当たり前で、民法第896,1031条の規定を守った司法権力相続決定は、この法律の意味も知らない法曹資格者、調停委員、公証人、法務省の役人、金融屋、監督官庁ですからね、そんなまとも、合法な相続は、やり方すら知らないし、行われて来て居ないのです。

弁護士、司法書士が「狂った犯罪者の頭で、自分が多く金を得られる屁理屈を考えて、裁判官、調停委員に要求すれば”弁護士様がおっしゃておられるんだ、相手が他相続に如、言う事を聞け”こう脅して、飲ませて来た訳です、法律等無関係で」

之が常時通るから、元々合法相続も分からない連中です「司法犯罪相続説、をでっち上げて、地裁で通る、高裁で通す、地裁、高裁で通した、最高裁も通して良いだろう、之を重ねて、司法犯罪相続、相続遺産分割除外説のでっち上げ、法の破壊で遺産犯罪収奪入手を強制適法で通す、こうなって、通されて来た訳ですし」

遺言状が有れば、遺贈を受ける者は、他の法定相続人が民法第1031条で持って居る、相続遺留分相続の権利も全て奪える、司法犯罪、法務省、金融屋、監督官庁、金融屋の顧問税理士、弁護士、公認会計士ぐるみの犯罪も、司法犯罪制度だ!こう強弁して、強制でっち上げ、之を常時成功させる、この司法犯罪にも狂奔し捲って来たのです。

犯罪の連鎖だけを、こいつらは重ねて来て居ます、一歩弁護士用の犯罪に足を踏み込んだら、法曹権力、法務省、警察他挙げて、犯罪を見逃して、再犯も認めてくれた、次々犯罪を悪質化させて凶行して、他の権力が犯罪を認めて、加担して、之を繰り返して来て。

相続遺産分割除外説が絶対、遺産犯罪収奪で入手、遺産から強制除外決定も、遺言状で他の相続人相続遺留分も強奪、入手適法も、国中で法律破壊、犯罪を偽造で適法と偽り、通して、今の司法犯罪相続以外、司法、警察がテロに走って通さない、日本の犯罪相続ばかりの現状に至ったのです。

犯罪を武器とさせて有るから、司法、警察が指揮を執り、必要な犯罪を、犯罪が必要な先に命じて、凶行させて有るから、ここまで狂った司法犯罪が、公にされても重ねられて居るんです。

その結果の一つが「義父母の遺産相続事件”犯罪弁護士、義姉、金を回収出来たのか?あの男から?”特に金を使い果たして居るから、回収は不可能、では?」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956258
ユニークアクセス:4180038
今日
ページビュー:912
ユニークアクセス:886
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed