エントリー

遺品整理、生前整理請負、犯罪により闇処理

  • 2020/03/25 15:12

札幌市戸籍住民課が、各区役所の戸籍住民課に設置させたスクリーンと、封筒に、遺品整理、生前整理請負業者?業者?犯罪者が業者?の広告を打たせている、この問題も「環境省、札幌市役所、市議会、道警本部、北海道庁、法曹権力、報道機関が相反した対応、犯罪故禁じる(でも市役所各部署で、直接この犯罪業者を使って居る)法による答え、動きと、犯罪を見逃す、法を破戒させて、法を適用不可として、犯罪者に犯罪を、好き放題行わせる」

この両方が、実際答、行動で出続けて居ます、治外法権国家に陥り切って居ます、保護受給者に相続が発生した後、処理が必要な不動産、動産は、保護受給者も含めて放り出して、未来に付けを回して通して居る、この事実、証拠も表に出されているように、法による個人所有物、個人の遺産物品他業者による有料処理請負は、犯罪塗れと承知で委任者、監督機関、犯罪業者、報道等が、共に犯罪に手を染めて、行えて居るのです。

当社はこれ等犯罪委任、請負を「相続事件にも”負債動産遺産”と証明して、証拠に出しても居ます、遺産相続事件に証拠で出してもおり、証拠で使われて居ます、ですが、その先がとんでも状態に陥って居るんです」

司法犯罪相続は、得する遺産だけを、弁護士、司法書士用犯罪闇公認、犯罪で遺産収奪、犯罪者で山分け、これを犯罪者と共犯の弁護士、司法書士、裁判官、裁判所等の犯罪により、国中で成功させて来て居ます。

未相続の遺産金品泥棒、闇処理請負も、この司法他国家権力犯罪に乗って、国中で派手に行えて居ます、泥棒から始まって居る、明確な犯罪ですけれどね。

当社のこれ等請負は違法、禁止広告と、この犯罪請負ます広告が、札幌市戸籍住民課!により、泥棒、古物商法、廃掃法違反行為の合否と言う、とんでも審査が行われて、どっちの広告を載せるか、決められるんです。

色々根本から間違って居る、のですけれど、どうなるやらねえ、そうそう「xx市役所環境局”遺品整理、生前整理請負、保護受給者相続家財保護事業で処理等の合法化実現、警察ぐるみで犯罪支援、加担、委任潰しに動いて来たxx、環境局の部長に来季から就任、と言う、本気で合法化に舵を切り、動いているxx市、のような動きが」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850010
ユニークアクセス:4080471
今日
ページビュー:1279
ユニークアクセス:1126
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed