エントリー

出鱈目を超えた犯罪相続

  • 2020/03/26 08:22

馬鹿を超えたこの国の士資格商売の連中、司法機関、法務省他行政機関、警察、政治、報道カルト、遺産相続に関しても、まあ、呆れ果てるしかない、犯罪で構成して、己らの短絡、単純な頭が神の頭だ、と本気で錯覚して「犯罪相続をどんどん加速させて来たのです、けれど”最高裁も当社の合法化実現、犯罪相続立証、犯罪潰しの動きに呼応して”合法相続の実現を果たせ、通達も出して居ます”」

弁護士、司法書士に遺産を犯罪により、手に出来た犯罪者と共謀して、犯罪利得を所有出来る、山分け出来ると、裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察、法務省他が共犯で「犯罪を認めて、通して来た過去の司法犯罪を、最高裁は禁じました」

結果「司法、法務省、警察、金融屋犯罪事実、証拠が”言い逃れられない、司法他国家権力犯罪の証拠となって居るんです”何の言い逃れも出来ない、完全な犯罪事実証拠ですから」

司法権力、弁護士犯罪権力を悪用すれば、他の国家権力がこぞって「弁護士の犯罪指揮に従い、テロの限りに走ってくれている、狂った日本の現実が、言い逃れようが無い弁護士、司法書士用犯罪事実、証拠の構築も果たしたのです」

犯罪者と共謀して、遺産犯罪収奪出来た、犯罪収益ですが、この犯罪収益を、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士で山分け出来て通されており、遺産から強制抹殺されている、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察他国家権力が、こぞってこれらの犯罪に、直接加担、実行して成功させて来て居る、ですが。

昨年暮れから「この一連の弁護士、司法書士用、遺産泥棒で犯罪収益を、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が手に入れて、山分け出来て、遺産から強制抹殺されて、通されて来た犯罪適法説は、犯罪故禁止とされて居ます」

この通達が出た事で、2016年3月の遺産預金横領の嫌疑により、瀬川行政書士が逮捕されたんですけれどね「預金先金融機関が共犯で、死人が預金を引き出した、こう偽造して有るんです、瀬川行政書士による、遺産預金引き出しでは無い訳です、瀬川氏を被害者が相続人、遺産預金横領の嫌疑で訴追、札弁連決定書記載、同じ犯罪合法主張事実も有るし、無理ですよね、司法犯罪のなぞりですから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850052
ユニークアクセス:4080511
今日
ページビュー:1321
ユニークアクセス:1166
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed