エントリー

家族崩壊

  • 2020/03/27 15:04

自分が動けなくなる、死去するとなった後、どうやって自宅、家財、供養対象物を処分すれば良いか、家族崩壊が進行している現状です、大きな問題、切実な問題ですよね。

誰かそうなったら、費用負担を一定するから、面倒を、後始末を見てくれる人が居れば良いけれど「まあ、当人も高齢になって行き、認知力、判断力が衰えて行くし、遺産が入るまで関わらない相続人が、面倒を見て来た人相手に”不当に遺産を私した”や、財産、遺産を目当てにして、食い物にしている、等、面倒が起きる訳です」

こう言った事態を防ぐ方法は、人間の性根ですから、防ぐ方法は無い訳です、起きる要素が有れば、起きる事です、義理の次男、長女と家族、あの手の人間世同類故、共にとんでも相続、遺産泥棒等に走る、同じ異界の生き物連中が、言い掛かりを持ち、陥れに走って来る、想定して有る通りに。

そう言った、起きる事も読んで、後始末を引き受けるのであれば、当社が構築し続けて居るノウハウが、とても役立ちます、ビジネスと割り切り、頼まれた事を果たす、外野の言い掛かりの声を、聞こえるけれど、流して、之が出来るかどうか。

当社も適法を果たした相続の完遂、適法な遺産物品引き取り、処理等を行い、終える為に、必要な手を打って来て居ます、でも「性根が腐り切った連中には、元の生き物としての根本から、真逆ですから、当然適法な、も通じる道理が無いのです、まともで無い、欲しか無い人間には、必要な処理等も論外、元々全く理解もしません」

こう言った人達の、良い一定の解決策も、当社はかなり対抗も出来たりします、必要な事ですけれど「適法に、と求められれば、何処も適法に、を果たせない訳です、正しい遺産相続、処理等誰も知らないから当然です」

得する遺産だけ、犯罪を司法の闇で認められており、犯罪に走って得する遺産だけ、奪って弁護士、司法書士と、犯罪者で山分け、昨年暮れまでは、之が国中の定番、恒なる遺産犯罪収奪、負債遺産放り出し、未来に付け回い、之が唯一だった訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850041
ユニークアクセス:4080501
今日
ページビュー:1310
ユニークアクセス:1156
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed