エントリー

物理的な

  • 2020/03/27 15:24

当たり前のことも何も、本当に理解以前の弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、裁判所職員、法務省の役人、公証人、この連中は「物理的に存在する事も、本当に何も分かりません、理解する事も出来ません、当然ですが、正しく物理的解決、処理も出来ません」

知らない事はどうにも出来ない、そのずっと手前のこの連中です、物理的に解決、処理等求めても、無駄です。

義理の兄の指示を受けて、義父母の身分を偽り、金融機関が共犯で、資金を盗み、次男に差し出した犯罪、実行犯は次男の妻子、相続人長女、この犯罪を「次男が実行犯だ”両親の身分を偽造で偽り、十和田おいらせ農協、青森銀行職員と共犯で、資金を盗んで、両親が預金を引き出したと、偽造により偽った犯罪”は、横領にならないんだ、こう、札幌弁護士会、綱紀委員向井諭弁護士が、札幌弁護士会平成30年(綱)第10号、懲戒せず決定書に書いて出した”愚かを超えた文書発行、公開も、無知蒙昧さ故、得意になって、札幌弁護士会ぐるみ、書いて出して、公開して居るのです」

そうこうして居たら、平成28年3月の事件で、瀬川行政書士が、亡くなった人の預金通帳、印鑑を、相続人から預かり、死人による預金引き出しを手掛けた角で、被害者が相続人、この事件構成で、横領罪の嫌疑で逮捕、報道されたんです「札弁連、向井諭弁護士、共犯弁護士は”横領罪なのに、横領罪にならぬと、公式に虚偽を書き、発行、公開して居ます”」

この一連の、義父母の身分を偽り、金融機関が共犯で資金を横領、窃盗した犯罪では「実行犯の一角青森銀行からも”便宜払いと言う犯罪行為である”等、文書が出ている通り、金融機関、顧問税理士、弁護士、公認会計士も実行犯、こう言う犯罪です」

間違い無く業務上横領罪が適用されます、実行犯と共犯金融機関、共に犯罪行為者です「瀬川行政書士の事件も、当然同じ構図です”札弁連、向井弁護士、共犯弁護士は、公に司法が手を汚して居る、この犯罪を、虚言を記載して、正しい犯罪だ、こう決定書に書いて出し、公開して居るのです”」

当然ですが、国中でこの犯罪も、司法、警察、行政、政治が共犯、実行犯で行われて来て居ます「こう言った事実、証拠がこちらに揃って居るんです”上記札弁連文書も合わせて、この犯罪も、立件は出来ません”司法、警察他犯罪です、摘発も何も、出来る資格を司法、警察は、持って居ません、実行犯ですから、弁護出来る訳が無い、実行犯緒弁護士、弁護士会も」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850073
ユニークアクセス:4080531
今日
ページビュー:1342
ユニークアクセス:1186
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed