エントリー

司法、警察犯罪

  • 2020/03/30 09:12

今日の文書も合わせて、司法、警察、政治、行政、報道他による、死人が生きて実態を持ち、法律行為を行って居る、と偽り、遺産となった預金を窃盗、遺産金品を泥棒させて差し出させて、闇に溶かす請負の裏、犯罪事実立証を更に果たして居ます。

この程度の頭で、弁護士だ、検事だ、検察等だ、裁判官だ、裁判所だ、法務省だ、警察だ、立法府だ、行政府だ、報道だ、税理士、公認会計士だ、監督官庁だ、金融機関だ、等居威張り散らして、オカルト犯罪に狂奔して居るんです。

死人が死後も生きている、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所は、共犯の泥棒と組み、死人を実態毎召喚出来て居て?死人に預金を引き出させて、金を抜き、持ち帰られせている、こう金融屋、顧問税理士、弁護士、公認会計士、監督官庁が共犯で、偽造捏造、証拠隠滅の手を用いて偽り、通して有る、オカルトの程度も、呆れ果てるばかりに低い訳です。

この犯罪も「当社が実例、証拠を次々手に入れて、完全に犯罪の手口と、犯罪である証拠を揃えて公開もしています、ここまで程度が低い犯罪を、国家四大権力、税理士、公認会計士ぐるみで、国中で凶行し捲り、金融機関の資金を盗み捲り、預金者の預金で穴を埋めて、逃げて来て居るのです」

金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、税務申告書、監査報告書、預金手続きビデオを調べれば、口座名義人を偽り、資金を盗み、偽造、証拠隠滅で隠匿、穴は預金者の預金横領で埋めて有る、口座名義人、相続人に国家権力が主犯で被害を負わせて通して居る、之が立証されるのです、警察、国税庁も直接共犯です。

昨年7月1日から施行された、新民法第909条2により「死人を召喚して遺産預金を、死人の手で引き出させる、こう偽る犯罪が”表立っては出来なくなっています”相続権者と証明した相続人各々の相続遺産預金を、遺産預金が有る金融機関は、法の規定を守ればですが、被相続人死去時の遺産預金額証明書を出すと共に、仮支払、相続決定による、全部の支払手続きを取られれば、金融機関は”相続権者各々の遺留分を、相続人各々から自分に渡す手続き、之に変わって居ますから」

死人を召喚して、死人が預金を引き出す手続きを行って居る、このオカルト司法他犯罪は崩壊して居ます、表立ってはですが、闇では変わらず弁護士、司法書士、役人連中の手で、共犯の犯罪者共々、国中で凶行が続いていると言う、之で近代法治国家、近代法治国家の司法、警察、政治旺盛だと偽って居る訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010060
ユニークアクセス:4228280
今日
ページビュー:337
ユニークアクセス:336
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed