エントリー

泥棒がしのぎ、国家四大権力、国税他ぐるみ

  • 2020/03/30 13:09

泥棒、死人が出れば、相続されない内に死人を騙り、死人の財産、諸湯物を強盗、窃盗、詐欺によって収奪出来れば、国家権力がこぞって犯罪者と共謀して、犯罪の限りに揃って走る事で、犯罪収奪、山分けを成功させている「ソマリアの海賊と変わりません、頭を張って居るのは弁護士、弁護士会、司法書士、共犯で指揮を執って居るのは裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、公証人、警察、政治、行政、報道、国税です」

ここまで国家権力、法律家が全部、遺産強盗、窃盗、詐取犯罪者なのですから、合憲、合法が破壊されて、正しい相続等通される訳が無いのです「兎に角得する遺産だけ、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪を好き放題凶行して、奪えれば犯罪者が所有者、こう偽りで強制確定させて通されている、日本なのですから。

最も分かり易いのは「後妻業でしょうね、後妻に入った人と、共犯の弁護士、司法書士が共謀して、遺言状を巻かせて後妻に入った人が、全部遺産を受け取れる、こう仕組んで、旦那が急死して、後妻さんが”民法第1031条も無効化されたと、法務省、裁判官、裁判所、検事、検察庁警察、預金先金融機関、顧問税理士、弁護士、公認会計士が共犯で、他の相続人が持つ遺留分、減殺遺留分も全部、犯罪によって収奪を成功させて、後妻さんと共犯の弁護士、司法書士が、犯罪利得を山分け出来て通って来て居る”もっとも典型的な、司法、警察他犯罪、遺産緒犯罪収奪、公認犯罪です」

死人は生きており、弁護士が共犯で、死人を実体も持って降臨させて実体、死人が自分の預金を、金融機関も加担して、引き出して居る、この手で遺産となった預金を、泥棒、共犯の弁護士、司法書士、金融屋ぐるみで盗めて居ます。

死人は死後も生きて居て、弁護士、司法書士と泥棒、金融機関、裁判官、裁判所は「死人を実体も備えて降臨させて、預金を引き出させて居る、この連中は、本気でこの犯罪も手を染めて、指揮して、犯罪を命じて、証拠隠滅、証拠偽造を武器とさせて、成功させて来て居ます」

妻が両親の遺産預金の相続を受けて、預金を手に出来た、方法は「相続人である事を、謄本等によって、遺産預金が有る金融機関に対して証明して、妻が持つ相続遺留分の預金が証明されて、妻の相続遺留分の遺産預金を、妻が自分に渡した、こう言う合法相続遺産預金入手です」

死人を実体を持って降臨させて、死人に預金を引き出させて居る、こう偽りの記録、犯罪証拠隠滅を武器で使い、偽って通して来て居る司法他、オカルト犯罪国家権力の犯罪は、妻が両親の相続遺産預金を”合法に相続を受けて、回収した証拠”にもより、犯罪と正しい事実通り、更に証明されて居ます。

死人が死後実体毎?呼び出されて降臨して、死人が預金を正しく引き出して居る、遺産預金は正しく失われた、こう偽る犯罪は、崩壊して居ますけれど、今もこのオカルト犯罪、重ねられているんです、司法、行政、国税、警察、報道他が指揮を執り、手を汚して成功させて有るんです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010146
ユニークアクセス:4228366
今日
ページビュー:423
ユニークアクセス:422
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed