エントリー

色々な事業の制約が、当社の本業絡みでも解消

  • 2020/05/23 08:01

札幌市から、当社新事業に対する「行政指導、文書による行政指導が出て、当社の新事業は、とても分かり易くなりました、建設業に付随させた新事業の、行政指導による許可の内容は、建設業と絡んだ請負が、公に認められた内容です」

家屋解体工事請負、リフォーム工事請負の時、家財等の処理を請け負う事に、請負建設業者は、大きな制約を受けて居ますが、当社の新事業実施許可内容、札幌市からの行政指導の内容により「当社は、色々な制約をクリア出来ました、とても良い事です、何年も新事業を正しく実施出来るように、当社と息子行政書士は、尽力して来ました、従兄弟の会社も共に」

この尽力が、漸く実を結んだのです「古物商届け出と、産廃事業許可を得て、未相続の遺産物品、個人の所有物品を”所有者を偽装して古物で売買する手と、未相続の物品、個人が所有する物品を、産廃と偽って処分する”生前整理、遺品整理請負、犯罪請負を潰す、当社が正しく事業を実施出来るように」

この合法化を果たす為の動きが、漸く合わせて実を結んだのです、昨日遂に、共に実現した訳です。

生前整理、遺品整理請負、保護受給者所有物、受給者の生前、死後の所有物、未相続物品、税金を使った犯罪処理請負、不動産明け渡し強制執行名目、司法強盗公務請負、どれも「犯罪を前提とさせて有りますが、これ等犯罪前提請負は、今後”請け負っている業者が、事業の計画、実施している事業事実、必要な設備の有無、法律根拠”これ等を揃えて、札幌市環境局に、審査、調査請求を出す、調査、審査を市が行い、市が文書で認めた事業以外禁止”審査が通るまで、これ等現行請負行為は禁じる」

之も環境局は、決定してくれています「生前整理、遺品整理請負業者も、不動産明け渡し強制執行名目、強盗公務実施請負業者も、この事業計画、現行実施内容、必要設備、法律根拠記載真正、調査の求め書を、札幌市環境局に出せるんでしょうか」

現在まで、法を犯して生前整理、遺品整理請負、処理実施、保護受給者の事業請負業者、不動産明け渡し強制執行請負業者、何処も法を犯した処理を請け負い、犯罪処理して居る、之が事実の業者連中、審査、調査請求は、行え無いでしょうね。

犯罪を請負、犯罪に手を染めて居るが「司法、警察、地方政治、地方行政機関、報道が、全部犯罪者側、だから通せただけです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956223
ユニークアクセス:4180003
今日
ページビュー:877
ユニークアクセス:851
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed