エントリー

何の根拠証明で、誰が相続物品処理を

  • 2020/05/23 08:53

未相続の内に物品を、諸湯者偽装、廃棄区分偽装で処理を請け負って居る、遺品整理請負、実際の処理方法です。

法律を守れば「正しく相続対象物品を、調べて証明して、証明書を作り、相続を受けた人の所有とさせて、相続を受けた人が、自己で古物売却する、使う、処分する、之が法律に沿った、相続を受けた物品の扱いです」

相続を受けた人が、事情により、自分で処理出来ない場合や、相続物品を証明して、証明書を作り、相続対象物品の相続を正しく果たす、之が先ず必要な場合、誰が、どう言う法律等の根拠により、代理で相続対象物品、調査、証明して書類を作る、それを持ち、相続を受ける人間を正しく特定、証明する、誰が之を果たすのか、相続人以外の場合、誰が、何の根拠でこれを果たすのか、之も抜け落ちて来た事です。

特に法曹権力、法務省には「合法を正しく証明した証拠を持ち、正しく相続を、法の規定に沿い果たさせる、之が先ず、何も知らない、分からない国家権力、法曹資格者しかおらず、全く何も理解不可能ですから、合法を証明して、合法に相続を終えさせる事も、当然出来ません、備わって居ない知識、能力は、発揮出来る道理が無い故です」

この事実が前提であるので「司法、警察犯罪、遺産強奪で入手完遂、相続遺産分割除外説でっち上げ、必要な犯罪を重ねて、正当な未相続遺産強盗、窃盗、詐取、横領だ、犯罪で収奪された遺産は、相続遺産から強制除外させた、犯罪者側が所有権を得たと、犯罪によって決めた」

之だけを、常時正しい相続、遺産犯罪収奪で所有権入手だ、と言う事に、犯罪を重ねて虚偽決定させて来たのです。

これを武器とさせて「負債でしか無い建物、動産は”相続対象から法を持たず、法を犯して、相続対象から強制排除して、将来の税金処理に付けを回す手と、未相続の物品と言う事を、所有者偽装、廃棄区分でっち上げの手で隠して、犯罪によって処理を委任する、請け負う、遺品整理請負、泥棒請負ます、自己申告資格事業?も、国中に広まったのです”」

相続を正しく果たせば、これ等の権力ぐるみ犯罪、犯罪で構成された、司法犯罪相続制度も、破綻するんです、犯罪の限りを尽くして、成功させて有るだけだから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956195
ユニークアクセス:4179975
今日
ページビュー:849
ユニークアクセス:823
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed