エントリー

結果的に

  • 2020/05/23 17:05

司法犯罪遺産強奪に成功、犯罪者と共犯の司法書士、弁護士が、犯罪収奪出来た遺産を山分け出来て、犯罪を免責させる、司法、警察犯罪により、この犯罪収益山分け、も成功させられて居ます。

司法遺産犯罪収奪に付いては、平成22年4月15日、栃木県那須塩原市在住、石川さんのご母堂の遺産、根こそぎ犯罪で収奪事件、相続人長男と妻、3,4男が共謀事件、遺産預金、積立金は、とちぎん、ゆうちょ銀行、あいおいニッセイ同和損保が、直接犯罪に加担して、遺産預金、保険積立金犯罪収奪を成功させて居た、後でJAも実行犯だったと分かりました「死人が死去後、預金、保険積立金を引き出した、この犯罪手法でです」

遺産土地建物は、地面師詐欺手法、遺言状で他の相続人遺留分まで詐取、司法、法務省、司法書士詐欺犯罪で収奪、この犯罪で奪われて居ました。

次の事件は、平成27年、武藤さんの伯母さん、武藤さんの父親(故人)の、未婚だった伯母さんが死去して、別の叔母の娘が、北洋銀行の預金を、死去前から死去後に掛けて、1,800万円、ATMからせっせと盗んで居て、別に大和証券積立遺産金も、600万円、ATMから盗んでいた事件、之に関わりました。

次の事件は、妻の両親の遺産となった預金窃盗と、施設に入って居た義母が、施設に預けて居た預金通帳、印鑑を、施設の職員が違法に持ち出して、泥棒に渡して、金を盗ませた事件に関わった訳です、泥棒は義理の兄次男の妻子と、義理の姉が実行犯です。

その次が、阿部さんの両親の遺産犯罪収奪事件、阿部さんの弟保護受給者弟の息子と、阿部さんの妹、保護受給者の妹が共犯で、父親の所有土地建物は、遺言状記載と、地面師詐欺で収奪、道銀から死人偽装で遺産預金窃盗、日本年金機構が共犯で、遺産年金詐取、が公式犯罪証明されて居ます。

遺言状で遺産不動産、根こそぎ地面師詐欺で収奪、遺産預金、積立金、年金は、死人偽装が基本の犯罪手法で、金を預かって居る機関が共犯で奪い去って居る、後は司法、警察が、犯罪を直接支援に走り、犯罪を強引に成功させて居る、どの事件も、全部この構図です、司法、警察、法務省が、直接犯罪主犯、実行犯だから、強引に成功させられて居ます。

合憲、合法根拠はゼロ、単なる犯罪ですが、司法、警察、法務省が直接犯罪主犯、実行犯なので、犯罪が証明されたって、犯罪を成功させられて居るんです「近代法治国家では無い日本、この現実が、正しく証明されて居ます、憲法、法律等司法、警察、法務省には、意味すら理解不可能、テロ犯罪国家権力には意味が無い、と言う現実です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956221
ユニークアクセス:4180001
今日
ページビュー:875
ユニークアクセス:849
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed