エントリー

司法他によるテロとの、憲法、法律を武器とした戦い

  • 2020/06/30 07:03

日本の国家権力機関、構成員、法律家等士資格者は、根本から犯罪者、憲法、法律順守意識から欠如し切った国家権力集団、選民思想に勝手に囚われて、自分達国家権力側の人間には、憲法、法律規定から不適用、神と同等の存在故、自分が思った通り、何をしても正しいとされて通る、ここまで本気で思い上がり切っており、国内外テロ、犯罪の限りを尽くし捲って来て居ます、

元法務大臣と、参議院議員の妻、票を金で買い、逮捕、ゴーンさん事件でも、旅券法、入管法違反司法ぐるみ犯罪に走って、ゴーンさんを国外に逃がした醜態を晒して居ます。

検察庁は政府共々で「賭け接待麻雀狂いの黒木検事長を、事も有ろうに最高検検事総長に就任させる所だった、賭け接待麻雀は、朝日、産経新聞が贈賄、法の番人も無いです”ゴーンさん事件の無様過ぎる経緯も有るし”」

裁判所、裁判官は「ゴーンさん事件で”旅券法、入管法違反も理解不可能で、事も有ろうに外務省、法務省所管のこの法律適用公務を、弘中他弁護士に、憲法から破って勝手に任せて、ゴーンさんを国外に出させた”ここまで日本国憲法規定から、本当に知らない事実等を、国際社会に晒した訳です」

そして「司法書士、弁護士連中に、憲法、法律も何も知らない同士故傅き、未相続遺産泥棒で所有権獲得、遺産から強制除外決定、遺言状が有れば、他の相続人遺留分まで犯罪を認めて根こそぎ収奪が正しい、と常時法に無い決定をずっと重ねて来た、泥棒、強盗に走り続けて来て居る、裁判所、裁判官の財産権蹂躙適法決定事実」

昨年暮れに、この行為は民法第896,1031条、新民法第909条2等違反、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定で禁じて有る、強制禁止通達を、高裁以下裁判所に出したけれど「もう手遅れ過ぎ、口座名義人、相続人の財産権侵害として、他者の預金通帳、印鑑を預かり、預金を抜いた瀬川、山本行政書士を逮捕したが、妻の両親、阿部さんのご母堂の預金泥棒強制適法事実証拠等を揃え、説明文も添えて、二行政書士逮捕警察署、担当検事、行政書士本人に送った事で、事件は闇に消えて居ます」

弁護士は正義遂行を果たす神、嘘も甚だしい、遺産泥棒と共犯、犯罪収益山分けも認められて居る、冤罪粛清もしのぎに入れられてある、犯罪適法化も大きなしのぎとさせて貰って居る、この事実証明に続いて「ミネルバ法律事務所の犯罪、無能を超えた弁護士連中故、弁護士業務、法人運営全てを、元武富士社員、現在士資格商売専用の広告代理店、貸金、経営者らに丸投げ、当然クライアントほかの資金を闇に流し続けて、破綻」

之が法務省、法曹権力、彼らの暴力部隊警察の実態、報道もグルの実態です「何処が憲法、法律を熟知して居て、合憲、合法を正しく証明し、社会正義、合法を通す神、だってねえ、無様過ぎるテロ犯罪国家権力です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010154
ユニークアクセス:4228374
今日
ページビュー:431
ユニークアクセス:430
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed