エントリー

弁護士、裁判官犯罪でも有る

  • 2020/06/30 08:48

阿部〇一、〇枝氏の遺産強奪、保護費で回収潰し、保護受給者相続人にこれ等犯罪の指示を出して、約束通り、保護費名目税金資金を、口止め料も有り、支給し続けて居る、この一連の犯罪も「弁護士、司法書士、裁判官、裁判所犯罪でも有ります、札幌市役所、秋元市長、市議会議員全員、保護自立支援課、各区区長、保護課、財政、会計課、市税、環境局、総務部所、法務の連中、厚労省、会計検査院、道警、報道、全部直接の犯罪行為者です」

この一連の犯罪、通常?の司法遺産強盗収奪、犯罪者と共犯の司法書士、弁護士で山分け、無税の犯罪収益取得を、裁判官、警察、国税が、適法と法を破戒させ、強制決定、この国家権力国中で凶行、他者の財産強盗入手制度に、生活保護受給者用、保護事業と関連する行政機関ぐるみ犯罪、が重なった、巨大国家権力犯罪事件です。

大元は「司法書士、弁護士連中、退官後に公証人、弁護士になり、稼ぐ裁判官、検事ように仕組まれた、遺産強盗入手、所有権犯罪者側が強制取得決定常時、この司法他犯罪です」

この犯罪に、生活保護受給者に相続が発生した時、の、地方行政機関、地方政治他犯罪が加わった事件です、犯罪に走っている国家権力は、司法、警察、地方政治、地方自治体、各犯罪担当部署、之を承知で見逃す国税、税務署、厚労省、会計検査院、報道、保護受給者と共犯弁護士共々で、こんな規模で凶行している犯罪、なのです。

この事件が特別では無い、国中で同様の権力ぐるみ犯罪が、今も行われて、法の破壊、犯罪適法法を犯して決定を積み上げて、成功に持ち込み続けられて居ます「今更合憲、合法実現に切り替えなど、出来る筈が無いのですよ、ここまで犯罪の構図、実例証拠、犯罪者免責、犯罪強制適法でっち上げ決定が証明されて居て、同様の事件を、正しく犯罪で扱おう、但し”司法、警察他犯罪が証明されるから、証拠を使わずに刑訴法手続きを執って”に走ったから、これ等事実証拠を使われて、事件は闇に消えた、どの事件も同じ構図となる、司法には正当な他者の財産権収奪刑訴法事件、で扱える筈が無い、実行犯故」

等々、もう法治国家を偽る事も出来なくなっています「起訴されれば、事実証拠、合法証明不要で、99,9パーセント有罪と、事前に決めて有り、幾ら冤罪、犯罪に有らず等が立証されても、覆さない、やらせ刑事裁判、民事裁判も、他者の財産犯罪収奪適法決定だけ、が実際、民事の事実証拠を、刑事訴訟法手続きで正しく使われれば、刑事、民事共に実際は破滅、弁護士、裁判官、検事のやらせ裁判毎破綻、実例が出来続けて居ますしね」

生活保護事業の犯罪証明、実行犯証明、実行犯が犯罪証言、犯罪に加担市部署名指し糾弾、犯罪を調べて告発せよ、要求等も表に出て居ます、もう犯罪だの、正しく扱える道理も無いんです、報道カルトも犯罪者、共犯司法書士、弁護士連中とグルだし。

ページ移動

コメント

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2020/06/30 11:32:49

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2020/06/30 14:39:43

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010039
ユニークアクセス:4228259
今日
ページビュー:316
ユニークアクセス:315
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed