エントリー

合法潰しが司法犯罪の武器

  • 2020/06/30 16:47

犯罪以外無い悪行を、司法書士、弁護士が犯罪を認められて、犯罪で収益を手に出来るようにと、犯罪行為に法律適用せず、犯罪そのものの悪行を、制度と偽り、公然と犯罪を行って良い、と、司法、法務省、警察官で、こいつらの闇で決めて、通し続けて居る。

司法、法務省、警察だ、と威張って居ても、根本から犯罪なのを、適法な犯罪だとは、どう詭弁を重ねようとも、言い繕える筈が有りません、この犯罪が、強制適法化、法の破壊で、が成功して居るのは「合憲、合法破壊、犯罪こそ適法、法律は破壊させたから、こう決めて通せている、司法、法務省、警察が共犯で決めて通して居る」

これが唯一の武器、で成功させて有ります、法律規定破壊、法を無視して無効と決定、この手口で成功させて来て居ます。

法律破壊、と強弁するが、出来ている訳では有りません、こいつらが勝手にほざき、強制決定した、こう言って居るに過ぎません「ですから”合憲、合法を武器とさせて、司法犯罪が成功させられる前に、対抗策を講じられれば、司法テロ、犯罪が、常に成功する、とは限らないのです”」

合法は無効と、司法、警察が、強制決定した、之で成功させて来て居るが、実体は犯罪で構成されている、この証拠を揃えて有る当社は「同様の犯罪に手を染めた嫌疑で、事件化された被疑者さん救済に、この司法、法務省、警察、金融屋等ぐるみ犯罪実例証拠を、正しい公式実例証拠、公文書証拠ですから、使って行って居ます」

刑事訴訟法手続きは、実際には「行政手続きですよ”起訴内容が正しい、法律を踏まえて、物理的に事件が立証されている、被疑者当時者も間違い無い”これが果たされて居れば、有罪確定です、あくまでもこう言った、行政手続きが正しくなされて居る事で、有罪判決、を下して居ます、一応です」

処が「他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、預金先も共謀してくれて、口座名義人が預金を引き出したと、帳簿等を偽造して、正当な預金引き出し、と偽らせて有る、司法、行政が犯罪を命じて有る金融機関、この事実、証拠を、被疑者、被告人よ、刑事、検事よ、きちんと揃えて証拠で使用せよ”口座名義人自身が預金を引き出して居る”預金窃盗、横領等無い”」

金融機関の帳簿等を、事件を正しく証明する為の、必須証拠で使わなければならなくなれば、当然の犯罪を証明する証拠の帳簿等を、正しく事件事実立証で、使わなければならなくさせれば、実際がどうかは無関係で「起訴状内容と、完全に齟齬を来すんです、他者が預金を盗んだ起訴内容は、預金先の帳簿等記載、口座名義人が預金を引き出したとの証拠、他にも多数有り、この証拠を使わせれば、起訴状内容と、大きく異なります、公判維持は、無理でしょう、犯罪は無い、金融機関の帳簿証拠が、何処もこうなって居ますから」

この犯罪により、司法遺産強盗で入手、遺産から強制抹殺実例証拠で、同じ行為者は、刑事訴追自体司法、警察犯罪、之が立証されて、犯罪行為者さんは「実行犯で冤罪被害者、と言う立場です、とんでもテロ犯罪司法カルト集団の、司法独裁支配気取りでの犯罪国中で凶行、実例証拠を提供すれば」

片っ端から「正しく他者の預金等を奪った自分、と自白、被害者に対して自首して行くべきです、弁護士連中を逃がす、之が至上命題の、腐敗し切った日本の国家権力ですから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5009992
ユニークアクセス:4228212
今日
ページビュー:269
ユニークアクセス:268
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed