エントリー

本業の知識も役立っている

  • 2020/07/31 16:40

裁判所による、強制執行が決定された、占有場所に有る物は、根こそぎ、執行対象者に権利が無い物でも構わずに強奪して、諸湯社を偽り故買、廃棄処理を国中で凶行し捲って居る、この犯罪も、更に追い込まれてしまって居ます。

建設業者は、事業の性質を踏まえた事による特例が、有り、施主の不用家財等を、自社所有産廃として、処理する事が認められて居るのに、この法律行為、合法請負行為まで、法の破壊によって違法とねつ造されて、潰されて来て居ます。

一方で司法犯罪強制執行名目の、実際には強盗行為は、法を蹂躙させて、行わせて有るのです。

裁判所が所在する市役所が、犯罪物品の処理に、直接組して、犯罪物品を抹殺して上げています、共犯ですよ。

この司法犯罪も、ようやく「単なる強盗、泥棒だと言う事実、証拠通りに扱われる、公式証明されて、通るようになって来て居ます」

裁判所犯罪を、札幌市役所環境局は、単なる強盗、泥棒行為、廃棄物でも無い盗品処理引き受け、之も認めたのです。

当社の不当な被害受け事実、証拠も、この事実でも役に立って居ます、良い事なのか、、、。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107445
ユニークアクセス:4313821
今日
ページビュー:184
ユニークアクセス:183
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed