エントリー

犯罪により奪った物品

  • 2020/08/01 15:08

不動産の明け渡しを決定した、=該当場所に有る金品全部を、執行を求めた側が、所有権を得た事にはなりません、当たり前です、不動産明け渡しが決定した事と、該当場所に有る金品、他の権利者が持つ、居住権、不動産所有権、営業権、物品、営業看板の権利のありかは、全く別の話ですから。

その当たり前、法律の適用事実を裁判官、裁判所、弁護士は「本当に理解も不可能なのです、本当に分かる頭を持って居ませんから、占有権が失われた、複数不動産所有権、居住権、営業権者が居ても、一人だけ占有解除が決まれば、全部の権利を奪い取り、通るんだと、本気で勘違いして、実行して居ます。

根拠が「複数権利者が居る不動産の、一部の権利者に対して、立ち退きが決定して、執行が決まれば、他の権利者に対して、調査する事が、執行官は出来る、こう民事執行法の規定で、有るから、他の権利者の、憲法、法律で守られて居る権利全てを、強盗と変わらない手口で押し入り、強奪、権利剥奪出来るんだ」

こう嘯き、凶行し捲って居ます、日本中で、札幌市環境局清水部長も認めているように、完全に強盗です。

阿部さんがこの司法テロ被害を受けさせられる、と決まって居るけれど、正しく複数の権利者が居る事も、該当場所に有る物品、営業看板の権利者を、正しく公開証明して、犯罪により強奪されないように手を打った当社の行動が、正しく効力を発揮して、強盗被害はまだ出て居ません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047254
ユニークアクセス:4262025
今日
ページビュー:64
ユニークアクセス:63
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed