エントリー

弁護士、裁判官、裁判所が泥棒に狂奔

  • 2020/08/02 15:55

弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察が共謀して、他者の財産、所有物強盗、泥棒に狂奔し捲って居る、事実です、遺産、遺産預金泥棒、相続遺産分割除外説をでっち上げて、強盗、泥棒を凶行に、不動産明け渡し強制執行名目、占有場所に有る金品を、執行対象者の権利が居も含めて、根こそぎ強奪、諸湯社を偽装して故買、廃棄処理実施。

普通に他者の財産所有権蹂躙、強盗、泥棒行為です「相続遺産分割除外説をでっち上げたから、適法な強盗、泥棒になった、嘘です」

不動産明け渡しが決定された、強制執行が認められた、該当場所に有る金品、営業権、占有権、居住権は、執行対象者以外も含めて、根こそぎ強盗して、奪い取って正しい、民事執行法に、執行場所の、執行対象者以外の権利者にも、執行官は調査する事が出来る、との条項が有るので「執行対象場所に有る、全部の金員、動産、営業看板、営業権、居住権、占有権を、根こそぎ強奪して通せる、当然この行為も、強盗です」

遺産泥棒は、今年に入ったら、行政書士二名、弁護士二名、司法書士一名が、業務上横領容疑で、委任者の財産の横領容疑で逮捕されています、昨年11月までは、正しい泥棒だ、と強制適法化だったのに。

不動産明け渡し強制執行、明らか過ぎる司法強盗は、札幌地裁、民事執行部所から札幌市環境局、石狩振興局環境生活課に対して「廃掃法を所管している行政職権で、強制執行が廃掃法違反、これを持ち、札幌地裁に対して法律手続きを執れ、と要求しており、正しく犯罪行為を自白して居ます、泥棒ですから、札幌市環境局、清水部長も認める通り」

法曹資格者、権力が、公に強盗、泥棒に狂奔し捲くって来て居る、之が司法の現実です、国民を裁ける国家権力では有りません、こいつらが泥棒、強盗の一味なのに。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047286
ユニークアクセス:4262057
今日
ページビュー:96
ユニークアクセス:95
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed