エントリー

xxxxxx

  • 2020/08/02 16:32

@令和2年8月2日、狭路新聞記事で”亀岡市で民有地の擁壁、大雨で崩落、幸人身被害無し”亀岡市都市計画課は「擁壁崩落被害の責任は、擁壁所有地権者が全て負う、と回答、日本中で既存不適合擁壁あり、今後次々崩落、被害続発が起きるであろう、対策が急がれる”こう記事が出て居ます「国有地に違法道路造成、擁壁設置等は、国が全責任を負うのは当然です”幸2丁目18-39民有地違法侵害、崩落等被害防止は緊急事項です」

@民法第541条

;債権者に債務者が、債務支払いしない場合、履行の求を行う、貸し付けを破棄する。

※農水省が小樽市幸2丁目18―44国有地と、隣接する18-39私有地に、違法造成された道路使用を認めるなら、2丁目18―39地権者の土地を、国が購入し、土留め工事せよ。

@財産法第9条1項

;適正な対価無くして国の財産は、使用若しくは貸付させてはならない。

※国有地と、隣接する私有地を、道路造成、道路使用契約無くして道路造成させ、無料使用させてはならない、当然の事。

@国有財産法第23条1項、準用第19条

;国有財産の貸付料は、毎年定期に納付させなければならない、之を果たさぬ場合、貸付契約を解除し、未納費用を請求する。

※農水省は、小樽市幸2丁目18―44国有地、隣接18-39民有地の、違法道路造成、使用を、今後も公に認めるのであれば、上記法律規定を、先ずすべて満たす事を求める

※当然であるが、幸2丁目18-39民有地に、本件違法造成道路崩落、車両、人の落下等被害を一切与えぬよう、違法造成場所の地目を道路に変えて、道路造成工事、落下防止柵設置工事を終えた後、道路で使用させるよう求める。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047296
ユニークアクセス:4262067
今日
ページビュー:106
ユニークアクセス:105
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed