エントリー

他者の財産を、犯罪により手に入れる事が通る日本、共犯が権力

  • 2020/08/10 06:50

遺品整理小樽、遺品整理心、遺品整理想いで、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン他「遺品整理、背全整理を謳う、犯罪請負で稼げているのも、国税、地方税部署も、犯罪司法、警察に与しているからですよ、地方行政機関も」

単純な犯罪成立のからくりです「事業収入も、個人収入も”正しく収入原因の立証、課税対象外支出?から、事実の有無を証明させる、証明する、つまり、合法な税務申告”を果たさせれば、犯罪利得が発覚して、徴税されますが」

この犯罪は、不動産明け渡し強制執行名目、司法強盗公務の手ですし、生活保護、介護、障害福祉事業犯罪に、不動産屋用犯罪です「ですから国税庁も、共犯の地方自治体地方税部署も”犯罪で収益を得て居る事を、正しく事実証拠も添え、証明されて、国税徴収法の正しい適用の求、法人市民税脱税への税務調査、徴税要求されても、握り潰して押し通して居るのです」

司法犯罪を成功させて居る、犯罪を制度と偽り、証拠偽造捏造、証拠隠滅、犯罪を、合法理論も無しで適法、合法が犯罪だ、と決定、判決を下して成功させて有る、他者の所有物犯罪処理請負もこれの一つです。

ですから「合法な利得入手なのか、可否調査する、経費で計上した項目の、合否調査、を、支払先も含めて調べる”誰が実際、処理物品所有者なのか、処理方法は合法、適法なのか、つまり、合法収入、合法経費なのか”合法な税務申告なのか、事実調査を故意に握り潰す事で、この一連の犯罪も、成功させて有る訳です」

国税庁徴税担当役人、査察、地方税担当役人は「権力犯罪による、犯罪収益への税務調査、刑法第19,20条から適用させるか否かモ含めた、正しい税務調査、徴税実施、脱税、犯罪収益と証明しての告発、重加算税を載せた徴税など、実は故意にせず、犯罪収益を無税で得させています」

遺品整理屋も、現在はこの犯罪収益無税、脱税で獲得の恩恵に預かれているだけです、大元の司法、行政犯罪がここまで公にされた中で、さて遺品整理屋如きが守られるのか、道民運輸、まこと引越センター共々。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146614
ユニークアクセス:4346242
今日
ページビュー:4328
ユニークアクセス:4120
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed