エントリー

新民法第909条2の正しい適用

  • 2020/08/10 07:48

@新民法第909条2、民法第896条規定とは、次が基本です。

;被相続人が死去した場合、被相続人の所有財産、包括財産は全て死去時で凍結とさせ、相続人全員の、包括相続遺産として扱う、、遺産預金に付いては、被相続人預金者死去時で遺産預金を凍結して、相続人からの、証明書を添えた、仮支払請求に、法の規定に沿い、応じなければならない。

;被相続人、相続人全員を証明する謄本等を揃えて、相続権者である事を証明した相続人から、被相続人の遺産預金が有る金融機関に対して、遺産預金仮支払請求が出た場合、各金融機関毎に、遺産預金の総額を証明して、被相続人死去時の遺産預金総額の三分の一を、各金融機関毎に上限とさせ、相続人一人当たり、各金融機関毎に150万円まで、仮支払いに応じる事。

※この新民法第909条2の発効と、妻の父親の遺産預金仮支払い請求手続きを、十和田おいらせ農協、ゆうちょ銀行、青森銀行に対して行った事で「金融庁から犯罪指示が出ていない、金融機関では無いから、預金泥棒を、記録、証拠偽造で口座名義人による引き出し、と偽って成功させろ、等指示が出ていない、十和田おいらせ農協は、民法第896条、新民法第909条2を、正しく適用させて、被相続人死去時の遺産預金額証明と、遺産預金仮支払実施、次男娘が200万円盗んで有るが、に応じた、から始まり」

司法犯罪遺産預金泥棒適法、口座名義人が預金を引き出した、死んだ後に、この偽造を武器で成功させて来た、相続遺産分割除外説、も破綻した訳です、十和田おいらせ農協は、金融機関では無かった事が、大きく功を奏したのです、金融庁から死人が預金を引き出した、との偽装で預金泥棒を正当と偽れ、指示を受けて居なかったから。

十和田おいらせ農協は「後日圧力を受けたようですが”妻と4男に、次男の娘に遺産預金を200万円盗ませた分も、民法第896条、新民法第909条2規定により、遺産預金は盗まれてはいない、法律規定上”と言う、合法を持ち、死去時の遺産預金額をベースで計算して、遺産預金仮支払いに応じました、ど、ろ、ぼ、うは犯罪だ、共証明した訳です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146590
ユニークアクセス:4346221
今日
ページビュー:4304
ユニークアクセス:4099
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed