エントリー

何時まで司法遺産泥棒が?

  • 2020/08/10 08:00

間違い無く「妻の父親の死後、次男の娘が十和田おいらせ農協と組み、遺産預金を”死んだ義父による、義父の遺産預金200万円引き出し”と偽り、盗んだ事件が、妻による、新民法第909条2発効当日朝一番での、各金融機関に対しての、遺産預金仮支払手続き実施、最後が十和田おいらせ農協への手続きが、司法遺産強盗、泥棒犯罪破壊を招いたんです」

ゆうちょ銀行は過去の、石x絹江さん死後、長男の嫁が絹江さんを偽り、ゆうちょ職員とも組み、遺産となった預金を盗み手に入れて、死んだ絹江さんが死後預金を引き出した、こう偽造で偽り、公にばれた事件、ばらされた、証明された事件が有り、次男等からの「死んだ義父による預金引き出し偽装で、遺産預金を渡せ、との脅迫等を蹴りました、過去の悪行発覚、司法犯罪の発覚事件が、ここで生きた訳です」

青森銀行は、顧問共犯弁護士を担ぎ出して「便宜払いと言う、口座名義人による預金引き出し、と、偽造で偽る預金泥棒だ、預金は消えた、民法第909条9など守らぬ、遺産預金仮支払いは蹴った、之を文書も出し、凶行しました」

この一連の、各金融機関等の「新民法第909条2、民法第896条適用の可否を見れば”司法、警察、金融機関、監督機関、国税ぐるみの犯罪だと言う真実”治外法権テロ犯罪だと言う真実が、見事立証されていますよね」

弁護士、検事、裁判官、裁判所、金融屋、監督官庁、国税は、一つの犯罪組織を形成して居ると、事実立証されています。

恐らくですが「この一連の司法犯罪証明に、言い訳など出来なくなった司法、警察、金融屋監督機関は”遺産預金仮支払手続きを、遺産預金が盗まれた被害者達からも、次々出されて行けば、遺産泥棒は正しい、この虚言も破綻してしまう、被相続人死去時の遺産預金額が、合法な遺産預金額であると、金融屋から相続人に、証明書が出されてしまうから”言い逃れられなくなり切った訳でしょう」

で、先ずは遺産預金泥棒、遺産金泥棒を、泥棒と共犯の士資格者に止めさせなければならなくなり、行政書士二名、弁護士二名、司法書士一名を、業務上横領で逮捕、報道したのでしょう、この泥棒の指揮、主犯の警察、検事、裁判官、裁判所が。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146605
ユニークアクセス:4346234
今日
ページビュー:4319
ユニークアクセス:4112
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed