エントリー

押し込み強盗防止も、司法冤罪に

  • 2020/09/16 15:32

全く何の権利も無いのに、誰かに対して不動産明け渡し強制執行を、犯罪を完遂する為、決定したからと「他の権利者の権利も、根こそぎ強盗に押し入り、蹂躙して居る、裁判所、司法犯罪の現実です」

押し込み強盗以外、法律による答えは無い、裁判所、裁判官、弁護士犯罪、不動産明け渡し強制執行、無差別押し込み強盗司法犯罪、強盗、刑法第236条、窃盗、刑法第235条が、間違い無く適用される、押し込み強盗、押し込み窃盗犯罪です。

市民の皆様方、今月28日午前10時から、札幌地裁、裁判官、小寺事務所の弁護士連中が、運送屋を強盗に使い、凶行される事件です、厚別東1条6丁目8番16号住宅で。

強盗で奪えた物品等は、遺産泥棒の阿部xxが所有者だと、公開で偽り、古物売却して金を得る、犯罪で廃棄処理される訳です、裁判所、裁判官、弁護士が指揮する犯罪です。

私が貸し出して有る、幾つものリース物品も、又強盗被害に見舞われて、所有者虚偽の手で古物売却され、売れなかった物品は、遺産泥棒が所有者、排出者の事業系一廃、と嘘を吐き、廃棄処理される予定となって居ます。

犯罪ロンダリング、盗品故買潰し、廃棄物ロンダリング等司法犯罪が、予告されて、公開されて凶行されるのです、こんな犯罪法曹資格者、司法テロ権力が、刑事、民事訴訟法手続きを、出鱈目だらけで独裁支配出来ている、日本のこれが真実です。

単純な、無差別押し込み強盗です、他者の権利、権利物品を、裁判所、裁判官、弁護士が共犯となり、運送屋、便利屋、遺品整理屋を実行犯で雇い、押し込み無差別強盗実行盗品は、不動産明け渡し強制執行申立、債権者が所有者だと、司法が嘘を吐き、犯罪で古物として売却、事業系一廃と偽り、犯罪廃棄処理している事の再現を、田中執行官は宣言もしています。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107553
ユニークアクセス:4313929
今日
ページビュー:292
ユニークアクセス:291
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed