エントリー

。司法預金泥棒

  • 2020/09/16 16:33

相続遺産分割除外説とやらを、司法、法務省が共謀して、闇ででっち上げたからと、金融屋に「他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられた者が”口座名義人を偽り、預金を盗みに来たら、口座名義人が死んでいる場合も含めて、口座名義人が自分で自分の預金を引き出したと、偽造と証拠隠滅を行い、偽って通せ”こうも命じて、金融屋にこの犯罪を行わせて、他者の預金泥棒入手し放題、全部成功させて来て居ます」

この他者の預金泥棒も、司法、法務省が弁護士の下僕に堕ち切って居て、弁護士の犯罪利得獲得用に、闇で犯罪を行い、行わせて、国中で手を染めさせて、適法犯罪だと、証拠隠滅、偽造と、犯罪適法決定、判決を下して、成功させて来て居る、国家権力犯罪なのです。

完全な犯罪で有り、適法性は何もない、単なる他者の預金泥棒です、泥棒を正しいと、法を破壊させて、最高裁までが、公の犯罪で認めて来ても居るのです。

処がこの、完全な犯罪の適法化、法の破壊で適法とでっち上げて成功させて、押し通して来て居る、何処にも適法が無い犯罪を、今年に入り、法が正しい、と変えて、逮捕して、業務上横領、窃盗犯罪だ、こう真逆の扱いを始め出して居ます。

何処にも整合性等無い、司法犯罪、法務省犯罪の、いきなりやはり犯罪だった、への、預金泥棒は正しい犯罪、で凶行突破の責任も無視した、更なる出鱈目司法テロです。

当たり前ですが「祖母の死後、祖母を騙り、祖母の預金を盗み、保護費で回収も逃れさせて貰えて居る、阿部x明✖、今年に入り、窃盗容疑で送検済み犯罪行為者も、元々泥棒ですから」

こいつは今月28日午前10時から、札幌の司法と共犯で、無差別強盗を働くのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107442
ユニークアクセス:4313818
今日
ページビュー:181
ユニークアクセス:180
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed