エントリー

裁判所が主犯、得意の司法冤罪も

  • 2020/09/24 07:44

厚別で起きている、遺産司法犯罪での、一連の無差別犯罪続発事件、司法が組織犯罪集団化している、この事実立証事件ですが。

司法が犯罪を仕組み、証拠隠滅、偽造の手で、司法犯罪を正当と偽り、国中で凶行が、次々公に表に出されて居ます。

犯罪に次ぐ犯罪を、司法極悪権力は、見境も持たない強みで重ねて、表に出し続けて居ます。

厚別の司法犯罪、不動産明け渡し強制執行名目、無差別押し込み強盗事件でも「私を冤罪粛清しようと、札幌の裁判所、裏で糸引く、連中は、やはり冤罪粛清の罠を仕組んで居たと言う」

そもそも「暴力事件が起きる強い懸念だのと言うなら”刑事を複数同行させる訳で、身元不詳の一般人を連れてくる訳が有りません”仮にも裁判所の公務ですよ」

警察官が10人規模いて、札幌市の役人も居るんです「暴力事件勃発だの、正当な公務の執行が妨害されただの言うなら”警察官に言って、立証して貰えて居るでしょう”でもそんな事実も無かった訳です」

身元不詳の民間人連中に裁判所、執行官らは「平成27年10月15日の、私のリース品騙し取り、違法売り飛ばし、東署盗犯係が捜査に入ったが、令状を出さず窃盗事件握り潰し、これ等も伝えて有りました」

情報守秘も何も全く無い、之が裁判所の実際ですし、冤罪を成立させる為に、でっち上げ証拠等幾らでも作り、陥れに走る権力なのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5185182
ユニークアクセス:4376576
今日
ページビュー:160
ユニークアクセス:160
昨日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1220

Feed