エントリー

他者の預金泥棒、やりたい放題、で稼いで来た責任

  • 2020/09/29 10:04

弁護士、司法書士用が主眼、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを入手出来れば、入って居る預金は盗み放題出来て、司法が金融屋に”口座名義人が預金を引き出したと、偽造と証拠隠滅により、偽って金を盗み、差し出せ”と命じて有るから、この犯罪は常時正当と偽り、成功して来て居ます。

最高裁、高裁以下裁判所、裁判官、書記官、検事、検察庁、警察、金融機関監督先が、弁護士会、弁護士の犯罪指揮を受けて、この犯罪も「制度化を闇で果たした、と言う事にして、国中で司法他者の預金薄み放題、犯罪預金資金は、泥棒が所有権を得たと、偽造で偽って有り、成功して通されて居る、司法を名乗る組織犯罪国家権力による、明白な他者の財産収奪犯罪の手です」

十勝振興局勤務の、道庁職員の子も、「90歳代の方から”キャッシュカードを預けられたんだから、入って居る預金はこの子が幾ら引き出しても、預金契約者さんによる預金引き出し”こう預金先も偽造で偽ってくれているんで、正しい預金窃盗、入手で、犯罪にはなる訳が有りません」

この方が預金している、金融機関が資金を盗まれた被害者だ、嘘ですから「司法犯罪通り、90歳代の預金者が、自分で預金を引き出した、こう帳簿等が偽造されて有るから、何時も通りの司法他者の預金泥棒成功の手、ですから」

第一、金融機関の帳簿を洗われれば「山のように司法が命じて、手を汚させて来て居る犯罪、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられた泥棒、弁護士等が金を盗み、口座名義人が預金を引き出した、こう偽った横領、窃盗事件が山のように金融屋には、有る訳だからね、先ずはこいつら裁判官、弁護士、司法書士、書記官を逮捕しなければ駄目です」

この犯罪証拠は、裁判所にも山のように有るから、逃げられない訴訟、調停、審判証拠が。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5185441
ユニークアクセス:4376835
今日
ページビュー:419
ユニークアクセス:419
昨日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1220

Feed