エントリー

遺産泥棒利得への

  • 2021/01/12 16:25

札幌国税局が「遺産を相続しながら、相続税を逃れている輩への”正しい税法による、徴税を行い出して居る”との記事が、先週小さく出て居ましたが」

国税庁、国税局、税務署はそもそも「調査官等の能力、人員数、毎年移動する事、相続遺産金は”闇で手に入れられて来たし、相続が終わった事を、表に出さずに、得する遺産だけ、違法に手に入れて逃げる、相続人同士で分けて、ばれず逃げて来られた”」

これらの事実があり「一定の金額、条件以外”相続税の徴収は、相続人が自分で申告しなければ、脱税し放題で通して来たのが実際です”」

;国税局、税務署が”自ら相続税調査する条件は、相続遺産額がxx億円以上ある事”で無ければ、調査する人員も不足しているし、闇で遺産金を盗んでしまう、闇で相続遺産を分けて、隠す事が出来る故、この条件を越えなければ、税務署は相続税徴収調査せず、でした。

;相続税逃れ、脱税の告発が来ても”上記理由があり、x億円以上、相続遺産金が無ければ、やはり相続を受けて、自分で申告しなければ、相続遺産金は、隠蔽して、税を逃れられて来た”これが実態です。

では「何故札幌他国税局、税務署が”相続税逃れの調査、徴税実施に舵を切れたのか”理由は”遺産預金が、必要な謄本全てを揃えて、相続人だと証明出来た人以外、引き出せなくなったからが一番です、新民法第909条2、この法律が発効した事で、この合法証明が無ければ、遺産預金引き出しが出来なくなったから、が一番です」

そして「この法律施行、法律手続き開始に合わせて”預金を一定額以上引き出した情報を、金融機関は税務署に、全て渡す事が責任付けられた”事も有ります”この情報提供により、他者の預金を一定額以上引き出した人間には、一時所得(不当利得?)ですから、課税通知が来ます」

これ等の合法化により「遺産預金窃盗、この犯罪利得は、泥棒と警察、司法、金融屋、監督官庁他実行犯の共謀犯罪により、闇に溶かして逃げられる、この犯罪が、破綻しました”つまり、未相続遺品整理委任、請負費用も、出て来なくなって行っています”遺産預金窃盗が、出来なくなっているし、遺産預金泥棒は、実行犯共々”犯行証拠、犯行ビデオが証拠で使われるので”ばれるんで、もう闇で遺産預金を盗み、闇に消せなくなっているんで」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年04月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5395165
ユニークアクセス:4576932
今日
ページビュー:1772
ユニークアクセス:1707
昨日
ページビュー:1827
ユニークアクセス:1759

Feed