エントリー

体制と手法が

  • 2021/01/13 06:50

@今月8日、道新記事に有るように、札幌国税局は”相続税未申告に付いて、税務調査を行っており、未申告、申告漏れ?が証明出来た事例は、追徴課税している”と発表しました”相続遺産は、盗むと無税、脱税は、高額以外調査もせず”が崩れています

                    令和3年1月13日

  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504

秋元札幌市長、市議会議員全員、区長、市税、会計、総務、保護、介護保険、障害福祉、戸籍住民
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 環境局清水部長他
FAX011-219-0053 環境事業公社、違法業者と結託、説明は
大谷直人最高裁長官 遺産泥棒利得は無税、司法と共謀で
FAX03-3264-5691 国家を支える軸も破壊
上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 司法違反泥棒、証拠は裁判所に、隠蔽不可
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 私の冤罪抹殺用判決、行使は?
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 刑訴法手続きは、宗教とは違い、事実証拠、法理論で合否
小島裕史道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL、FAX011-251-0110
FAX011-232-1156 石狩振興局環境生活
FAX011-736-1234 道地方環境事務所
FAX011-709-8786 道労働局、各労基
FAX011-210-5592 道新報道センター内山他記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
ネクステップ、ノースジニアス、ビッグバン、ルーツ・オブ・ジャパン等

1、別紙記事の通り「札幌国税局の発表により、次の遺産犯罪入手、脱税公認、加担、この実際の行為を、国税庁、札幌他国税許局、税務署は、改めており、国税事態で相続遺産調査、違法が見いだせれば徴税実施、に変えて来て居ます、最近までは、次の方針、行為でした」

(1)遺産は”相続権の有無無関係で、法を犯しても、手に入れた人間が”犯罪収益は、正しく申告、課税出来ぬ故、国税も司法犯罪が之なので、税金免除で、闇で常に通して来た”未相続遺産金品違法入手、遺品整理屋に提供、闇で犯罪を重ね、遺産金品を溶かせたのも、この司法、国税協調、遺産窃盗利得への調査、徴税も潰して来たからです”この悪事を、国税、地方税部署、環境で調査、徴税すれば、司法遺産泥棒が破滅するので。

(2)そもそも「国税局担当、税務署国税調査官は”基本毎年移動するので、相続税脱税も含めて、引き継げる件数は微小”よって、税務署による相続税脱税疑い調査は、7~10億円程度以上相続遺産がある場合で、脱税疑いの場合、相続税脱税告発事件は、2~3億円以上遺産が有り、脱税疑いの場合”引き継ぐ、が基本でした、司法遺産泥棒は、告発も却下、遺品整理犯罪も同様です、強制執行犯罪、保護、介護系事業同様犯罪に影響が及ぶので」

(3)遺産相続は「司法の法破り制度上記が原因で、法を犯し、ブラックボックス化を司法が行って来たので”相続税踏み倒し方法が幾つも、司法によって構築されており”これを知って居れば、幾らでも相続遺産犯罪収奪、脱税が出来た、民法第896,1031条既定も破壊させた、司法犯罪が根本に有る故」一例が「相続遺産預金、窃盗、横領成功で遺産から抹殺、おおっぴらに遺産目録、窃盗遺産次々抹殺、この犯罪適法でっち上げ決定常時、裁判官、司法犯罪、これでは国税も、合法徴税が果たせず」

2,この司法犯罪、行政犯罪、遺産泥棒法によらず、無税で適法入手等が崩壊したのは「令和元年7月1日施行、新民法第909条2、遺産預金仮支払制度、之の合法実施が理由です”この遺産預金仮支払手続き実施で、被相続人、相続人全員分の謄本が無ければ、相続遺産預金現金化は、強制的に認められなくなりました”相続権者以外も、之で遺産預金窃盗が出来なくなりました」

※この前までは”遺産預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れた者、相続人全員と言う設定で、誰かを代表相続人と決めた文書と、遺産預金通帳、印鑑を持参すれば、違法に預金を現金化させた”他に”遺産相続調停を提起して置き、法定外で、上記方法で遺産預金を現金化して、盗んで終わる、相続の法律無関係で、山分けして税も逃れて終わり”家裁で相続争い中、と言い逃れれば良い、等司法ぐるみの手が複数。

3,又「預金引き出し額が500万円を超えた場合が原則で、又は”他者が高額預金引き出しの場合、金融機関は税務署に情報提供する、死去後に預金引き出し、が判明の場合も”こう変わった事で、税務署自体で”一時所得?の把握が出来るようになり、徴税実施が果たせるようになった訳です”」

4,これらの合法化、遺産相続の透明化、他者の預金高額引き出しの疑義?情報通知実施が功を奏して「司法犯罪、行政犯罪、遺産泥棒、犯罪利得無税で入手、も破綻して居ます”遺産泥棒利得無税で逃がす、も、物理的理由がある訳ですから、ここを潰して、合法徴税を実施させるべく、当社は動いて手を講じて来ました”」

5,未相続遺産金品泥棒を果たし、遺品整理屋に提供、違法請負業者と地方自治体、一廃、産廃業者、処理場が共謀(司法同じ犯罪も)して、犯罪を重ねて闇に溶かせて来た、この犯罪も「未相続遺産金窃盗が潰れれば、資金が先ず出ません、過去分は”札幌の場合は、環境事業公社取引記録と、地裁民事執行部所の事件記録で、違法利得等証明出来ますし”廃掃法違反も有るので、札幌市環境局、産廃許可振興局、札幌市税事務所も協力して調査、証明すれば、犯罪利得への課税、徴税から果たせます」

6、地方自治体、地方税部署は”脱税疑いを見出せば、国税徴収法規定を適用させ、税務調査を行い、脱税、納税不足が証明出来れば、税務署に上げて、先ず国税徴収手続きを取らせられます”上記犯罪、犯罪利得調査、徴税は、札幌市役所環境、道庁環境生活課、地方税部署が、税務署と協力して、調査すれば、違法請負業者は、合法事業、合法帳簿処理、合法納税と証明は、不可能です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年04月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5395041
ユニークアクセス:4576810
今日
ページビュー:1648
ユニークアクセス:1585
昨日
ページビュー:1827
ユニークアクセス:1759

Feed