エントリー

職権濫用が次々

  • 2021/02/23 09:00

そもそも「弁護士を使い、法定外で代理行為交渉を行う場合、交渉相手との代理人交渉は”相手が拒むとそれで終わりです”これだけの事ですから」

法定外の代理人委任交渉に「裁判官、裁判所は、強権を用いた関与など、法律規定上から出来ません、裁判官、裁判所が関われるのは”あくまでも裁判所を通す、事件扱だけです”法定外での代理人を多々ての、相手方との交渉に、裁判官、裁判所は、強権発動を持って関与権利は有りません」

まあ、普段から「法曹資格者毎の、事件毎の責任範囲、法律家資格業務の範囲、合法な手続きも何も、全く知らないで”法曹資格者だ、司法、警察だ、法の規定は関係無い、言う事を聞け、逆らったな、冤罪を仕掛けて粛清だ”」

これを常で実行して、強制的に成功させてだけ来れた結果の先が「合法化を強制的に要求されて、どうすれば良いかも何も、全く弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察ぐるみで分からないから、次なる脱法、犯罪行為に走る、負の連鎖に陥り続けて居ます」

代理人を使い、法定外で交渉する、裁判官、裁判所が「多分弁護士の代理人?から求められて、法定外代理行為委任状交付の強制執行手続きを取った、正気さが微塵も見当たりません」

日本初でしょうね「法定外の民事の交渉代理行為者委任状?を、裁判官、裁判所が”相手方に強制執行実施手続きを行った実例って”法律規定上,認められて居ない裁判官、裁判所の手続き?ですから」

法定外の代理者交渉は「代理行為者責任で、相手方と交渉を受けてくれるかどうか?から交渉が必須です、拒まれれば代理人交渉は不可、之が合法です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年03月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5317814
ユニークアクセス:4503101
今日
ページビュー:221
ユニークアクセス:212
昨日
ページビュー:1149
ユニークアクセス:1105

Feed