エントリー

刑事事件加害者に、罪を認めず警察、被害者に向かえと指示、重罪が科せられるでしょうね、人身交通事故事件以外は

  • 2021/06/04 07:37

人身交通事故事件は「あらかじめ、主治医にも国中統一で命じて、従わせて有るように”実際の自動車事故での怪我の部位、程度は無視して、受傷原因は常に不明、一週間の加療を要する”これだけを、治療記録と診断書に記載するで、国中統一されてあるんです」

これだけしか、人身交通事故事件では「人身被害者は、実は居ない実例、証拠で、人身交通事故事件は、実は嘘と、常時刑事訴訟法手続きで先ず、強制でっち上げ確定させて来て居る訳です」

一方、他の傷害罪、傷害致死罪事件では「加害者常に無責、これを”主治医に治療記録、診断書偽造を命じて有り、人への物理的加害行為で、死傷者は出ない、でっち上げた治療記録、診断書を常時捏造する、闇のからくりが有り、人的加害行為で人は死傷したりしない”刑事訴訟法でっちあげ手続きが常、とはされて居ない訳です」

この、二通りの「どちらも、人体への物理的加害行為、加害者、加害原因者が、被害者の人体へ加えた、物理的等加害行為が原因での、被害者の心身への危害行為事実の、診療記録偽造で常時、人的被害なし捏造、医療証拠で上記刑事事件決定、詐欺刑訴法手続きと、主治医には、被害者、患者の受傷の正しい原因は、見ても居ないからわからないが、受傷部位、受傷程度等は、治療、検査を、患者の訴えを受けて続けて行き、証明して、診療記録に正しく記載するのと」

刑事事件捜査、人身交通事故以外の捜査で「捜査担当者は”被害者の主治医へも、受傷原因を補完する為、医療捜査を行う”これで人身交通事故は存在せず、常時捏造の武器、受傷原因は不明、怪我は一週間程度の軽い怪我、これも事実無視で常時捏造、でっち上げ、の手は潰えさせて有ります”」

つまり「人身交通事故事件で常時”診療記録、診断書事実無視ででっちあげ、軽微な何かが原因の怪我、捏造常時”の手と、他の人的加害行為による、人体への傷害加害行為事実立証捜査は、全く違って居ると言う事です、真逆とも言えます」

交通事故が原因で、被害者が死傷する事は無いと、治療記録常時偽造と、主治医への受傷の実態と、受傷原因確認、追加証明捜査絶対せず、これ等を武器と闇でして有り「車の事故で、死傷した被害者は実際居ない、証拠偽造、隠滅で捏造常時、刑事訴訟法事件証拠の山と、他の障害、傷害致死刑事事件捜査の内容、捜査記録の内容等は、同じ対人加害行為事件で、全く異なって居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745725
ユニークアクセス:4919602
今日
ページビュー:2950
ユニークアクセス:2906
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed