エントリー

部外者が直接、加害者責任を違法抹殺に動いている、法を幾つも犯して、被害者を直接恐喝、加害者にも強要等で

  • 2021/06/04 10:42

今年3月29日に起きた、重量物転倒、人が下敷きになり、重傷を負った事件で、加害責任者が個人賠償特約に加入している、と言う話の損保と、共謀行為者辯護士が「被害者を先ず、損保職員が電話で、理由も無しで脅迫に手を染めて居ます”根拠も無し、加害者加入らしい損保に、刑事事件刑事、民事責任抹殺に、違法を重ねて手を染める事に至っては、これ自体が重大犯罪”当たり前です」

これが上手く行かないと、被害者から指摘されて、一応気付いたが「どうあってでも”傷害罪事件加害者刑事、民事責任を、根拠無しで潰そうと”加害者が、被害者と無責で戦う気は無い、責任を認めて、正当な賠償にも応じたい、こう言って居る事も、合法根拠無しで却下して、損保が契約者から集めている、損害保険料資金から、法に拠らず、加害者無責!と、被害者を訴えろ!刑事、民事共に、加害者責任をこれで消すんだ、言う事を聞けと、白紙の弁護士委任状、訴訟用を送り付けて来ている」

これに従えば、刑事一課強行犯が捜査担当の事件です「間違い無く、加害者の責任による、重症加害発生事件での、理由無しで、刑事、民事責任は無い、こう宣言しての、犯罪抹殺、被害者不当追い込み、捜査はこれからの段階での、追加の刑事犯罪事件ですから、傷害罪事件は、一切反省が無し、再発防止対策も拒絶で、の追加の犯罪ですから」

加害者無責を、合法事実証拠、根拠無しと承知で、被害者不当恐喝も実行して、価値取ろうと言う目論見だけでの、追加の犯罪ですから、加害者の刑事罰則適用は、重い刑罰が下されて当然です、再犯の強い恐れと、証拠隠滅の恐れも生じて居るんです。

加害責任者はずっと「加害行為責任を認めているし、賠償支払いにも、正当な根拠証明の分、ちゃんと応じると、被害者に書面も出して、認めていますが”加害者が加入して居るらしい損保と共犯弁護士が”加害者のこれ等意思を、強引に、法律根拠無く、認めない、刑事、民事共に、加害者は無責だと、損保と弁護士で証明する!とも宣言し続けて居て、遂に加害者の意向無視、訴訟提起だ、実例、証拠も揃ったし、警察にも通報、刑事事件で捜査要求済みの事件ですが、同じ犯罪、人身交通事故事件で常時法を犯しており、成功させられて居ます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745607
ユニークアクセス:4919484
今日
ページビュー:2832
ユニークアクセス:2788
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed