エントリー

日常生活を送る上で、も、重大な人身加害は起きる

  • 2021/06/04 14:41

普通に生活して居る上でも、他者を死傷させてしまう、加害行為が起きたりします、家具等が倒れて下敷きにしてしまう、上から固い、重いものを落としてしまって、下の人に当たってしまった、庭の草刈り仕事をしていて、鎌や草刈り機で他者を切ってしまった、除雪機で自宅の除雪をしていて、他者を巻き込んでしまった、個人でチェーンソーを使って居て、人に当たってしまった等、幾らでも一般生活を送る上で、他者を死傷させる恐れが有ります。

これ等の、日常生活を送る上で、誰かに加害行為をしてしまい、損害を与えてしまった場合に、個人賠償責任保険に加入している、加害行為者が負った、被害者に対する、金銭的負債の補填を行う、個人賠償特約適用条件に合致して居る、危険な機関類、刃物類での、他者に対する加害行為、傷害加害行為も、個人賠償特約適用の対象刑事事件、加害行為による、賠償責任を負った結果です。

傷害罪、傷害致死罪で「間違い無く、重過失致死傷罪適用事件です”日常生活を送る上でも、こう言った、危険な機械、刃物、重量物による死傷加害行為は、幾らでも起きて居るんです”」

自転車による、人相手の重大な、対人死傷加害行為事件の続発により、自転車用の個人賠償責任保険、特約が出来ています、当然ですが「上記も、同様に個人賠償が適用されます、が」

自転車は「交通事故事件に組み込み、交通二課の出鱈目事件捏造常時捜査、交通事故事件で被害者は死傷する事が無い、主治医に治療記録、診断書捏造、やらせ作成だけさせて、交通事故事件で死傷した事に付いて、主治医に裏付け捜査を、故意に行わず」

基本、交通事故事件で被害者が死傷したとの、交通事故事件医療証拠は無く、刑事事件捜査記録も、これが常とされて、確定させて有る、やらせの刑事訴訟法手続き方式は「個人賠償特約が適用となる、他者相手の傷害罪、致死罪事件では”捜査を担うのが、刑事一課強行犯が捜査担当なので、人身交通事故用、死傷者が出る事が無いと、捏造で常時確定人身交通事故事件捜査、確定のようには行きません”」

法律問題は、白か黒です「同じ他者相手の障害事件、致死事件で”交通事故用、被害者が死傷する事実、証拠は、捏造常時で無い事で、事件立証、確定常時”と、他の同様人身傷害、致死加害事件捜査、主治医への裏付け捜査も行い、人身加害行為事件と立証して、加害者に刑事罰を科す、こんな相反した捜査結果、確定になる訳が無いんです」

そもそも「交通事故人身加害事件は”初めから診療記録等偽造させて、人身加害行為事実は無い”こう、事前捏造してあるのです、刑事訴訟法手続き捜査自体、無い対人加害行為事件と捏造して有り、出来る訳が元々有りません、起きない対人交通事故加害事件、の設定なのだから、起きない事件は事件にならないです」

刑事一課強行犯による、傷害、致死事件にしても「人は人を死傷させないと、治療記録から常時捏造して、裏付け主治医への捜査せず、で、死傷させた刑事事件は無いと、違法な闇設定して有れば、捜査自体出来ないから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837987
ユニークアクセス:5010825
今日
ページビュー:649
ユニークアクセス:647
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed