エントリー

任意自動車保険特約、弁護士特約で、はっきり刑事事件弁護費用拠出も謡う損保は、損保ジャパンから

  • 2021/06/05 07:11

任意自動車保険特約、弁護士特約で「はっきりと、弁護士特約費用拠出は、民事、刑事共に、加害者に費用を拠出しますよ、と、公式に謳って居るのは”現在の所、大手損保では、損保ジャパン日本興亜です”」

この、刑事弁護費用も拠出、任意自動車保険、弁護士特約で、はっきり謳って居る損保ジャパンの、自動車保険特約刑事弁護費用も拠出特約には「現在まで重ねられて来て居る”主治医が交通事故が原因での受傷”この治療記録、診断書を、故意に、常時作らない闇の仕組みと、受傷原因を証明する為の、捜査機関による、主治医への補充捜査故意にせず、これで」

日本中で起き続けて居る、人身交通事故事件では「車が原因の対人事故、事件で、被害者が死傷した事実は、刑訴法事件記録、証拠上無し、よって自動車事故、事件加害者は、無責の冤罪被害者、この詐欺のからくりが、基本絶対正しいと捏造で決められて居て、平成26年からは、自動車運転処罰法に変えて”上記詐欺診療記録と、詐欺捜査せず、の手が原則として有り、軽微な被害は罪を免除する”こう、上記犯罪常時成功用に、法律規定も仕組まれています」

軽微な被害の場合「自動車が原因の対人加害事故、事件では、加害者を無責と扱う、こう仕組まれており”自動車が原因の、対人加害事故、事件は、加害者は、実は無責、冤罪被害者”と、過去からの上記捏造刑訴法事件証拠、記録共々、捏造が成功して居るから」

任意自動車保険の特約、弁護士特約等成立させられているし「無責が常時捏造で決められる、交通事故人身加害者なので、民事弁護に限らず、刑事弁護士費用も、自動車保険加入者から集めている、保険料収入から拠出も出来る訳です”実は無責、冤罪被害者の対人交通事故加害者、自動車運転処罰法でも、違法捜査が常時と合わせ、無責の加害者を、刑事訴訟法手続きでも、損保の弁護士特約、刑事事件用も拠出します、特約で、無責を勝ち取る正義の行為、で使えるからくりですよね”」

ちなみにですが「危険運転致死傷罪が適用される、対人交通事故事件加害者は”出鱈目、詐欺医療証拠と、違法な捜査、無責捏造用犯罪捜査常時、自動車運転処罰法適用人身交通事故事件”土地害、有責が根本と扱われて、被害者の主治医への、死傷原因証明、補充捜査も行われますので、刑事事件弁護費用を、自動車保険、弁護士特約で拠出は、認められないと言う設定です」

当然ですが「個人賠償責任保険が適用となる、他者に対する傷害、致死行為加害者も、無責と犯罪で闇設定は、されて居ない訳ですから”捜査開始前から、根拠も無しで、傷害罪加害に付いて、刑事、民事共に加害者は無責だ!と、損保が指揮して、弁護士費用を拠出して、刑事、民事共に戦う実例事件、主治医への受傷原因補充捜査も行わせるし、行うから、自動車運転処罰法適用事件のようには行きませんよ」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745532
ユニークアクセス:4919409
今日
ページビュー:2757
ユニークアクセス:2713
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed