エントリー

損保と弁護士が、公に加害者を指揮して、刑事事件から根拠無く、無責主張で

  • 2021/06/05 12:57

人身交通事故事件用犯罪「主治医は日本中で、交通事故が原因で怪我を負ったとは、治療記録、診断書に、国中統一で記載しません、捜査機関は、絶対に主治医に対して、受傷原因を特定する、受傷した原因を、多くの部分で裏付ける、主治医への医療捜査をしない、闇の不文律をでっち上げて有り、守られて居ますから」

人身交通事故事件受傷被害者が、交通事故事件が原因で、怪我を負わされて、治療中である事が立証されぬように「捜査機関は、人身交通事故事件となれば、主治医への受傷原因補完、主治医への捜査実施強制的に、日本中統一で却下!この捜査機関、司法犯罪が日本中で守られて居る、よって」

任意自動車保険損保と、顧問弁護士らは「この刑事事件無責と常に、強制的に、警察、司法が持って居る、強制捜査件、刑事事件加害者免責、訴追、処罰を”事前に捏造して有る、加害者無責の虚偽の人身交通事故事件だ”捏造だけを常時凶行、決定が、実は常です」

この、過去からずっとこのでっち上げだけを、合法な人身交通事故事件の捜査、立証、送致、実質無責と毎度させて、正式訴追逃れを常時、後は「被害者相手に”交通事故で受傷したとの、虚偽の人的被害叩き潰しを、刑事事件のでっち上げ交通事故で怪我を負った実例無し”証拠を悪用させて、常に成功させて居る、これをなぞり、成功させるだけです」

この警察、司法犯罪が常時成功して居る、を踏襲させて「個人賠償責任保険が適用される、傷害、傷害致死事件でも”刑事一課強行犯の捜査でも、同じ主治医ぐるみの、対人加害行為で受傷する事は無い”診療記録捏造を武器とさせ、常時加害者無責確定、被害者賠償せず、で叩き潰す武器で活躍して居る、でっち上げ刑事事件捏造捜査、加害者常時無責判決、決定、が成功すると、損保、弁護士は、勝手に思い込み、これが成功して、加害者無責刑事、民事共に実現出来る筈、で突っ走って居るのです、傷害罪事件でです」

被害者の対抗措置は、加害者無責が常時、診療記録等を、交通事故が原因で死傷した被害者は居ない、主治医に公治療記録を常時作成させて有り、主治医への、受傷原因証明用補完捜査も、故意にせずで、この対人加害抹殺を成功させて有る、このでっち上げ刑事事件捜査記録、決定を使い、対人賠償も、思うように踏み倒しし放題、が武器なのですから。

診療記録偽造で、対人加害が原因で受傷と、治療記録を書かない不文律と、受傷原因を証明する、警察、検事による、主治医への補完捜査せず、この犯罪手法を潰す事です、主治医への、受傷原因証明補完捜査実施、これを果たさせる事、これが無ければ、被害者調書取りを認めない事、先ずこの対抗策を取るべきです。

事件により、受傷を負い、治療を重ねてカ月経過してから「第三者行為傷害が原因で治療中、この診断書を主治医に作成して貰う事と、受傷原因の補充主治医への捜査を、必ず行わせて、主治医への補充捜査証拠調査書が揃い、被害者に提示、写し提供されてから、被害者調書取りに応じる事です」

昨年8月11日に受けた、追突交通事故事件被害受傷も、ほぼ絡んでいる、傷害罪被害事件への、損保、弁護士の不当介入、恐喝、強要犯罪事実と、思えるんですよね、併せて傷害罪被害受け事件で、主治医への捜査も求めます、損保への捜査もです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7452872
ユニークアクセス:6604573
今日
ページビュー:165
ユニークアクセス:165
昨日
ページビュー:979
ユニークアクセス:965

Feed