エントリー

40万円の罰金刑に処された、人身交通事故事件では

  • 2021/06/12 16:30

警察による、定番となって居る「交通事故事件で、被害者が怪我を負った事を、警察の捜査では、実際には何も無い、故意に主治医に交通事故により、被害者が診察、検査、治療を受けた、治療を続けて居る、これの裏付け捜査をしない、この手で、警察の捜査から、交通事故で被害者が怪我を負い、治療を続けている事件は、原則無い、これのみ常時捏造され、決定されて居る、現実です」

この、でっち上げ、出鱈目、初めから「交通事故事件で、被害者が怪我を負う事は無い、この捏造して有る答えを、正しい事と偽る目論見の、警察の証拠隠滅、捏造、事件記録でっち上げで送致、この捏造事件記録で、常時不起訴、やらせで軽い過料制裁、警察、司法が、損保と提携弁護士の下僕に堕ちている故、常時これを成功の中で」

まともな検事、副検事が、奇跡的に居た事で「この、定番としてある、損保、提携弁護士が、常時”交通事故で怪我を負う、治療を続ける事は無い、の公式証拠捏造、警察調書、検事が捏造調書で不起訴”事件を、この警察の捜査内容はおかしい、この捜査内容は間違いだと、検事、副検事が気付いて」

検事、副検事が、警察に実況見分やり直しをさせたが、警察は、違法行為責任を取らない為、次々出鱈目な自供見分調書作りに走った、犯罪隠蔽の為、犯罪を重ねる、常なる行為です。

でも「副検事、検察事務官が、主治医に医療調査を掛けて、一定の”交通事故事件が原因で、被害者が怪我を負い、治療を受けて居る事を証明して”略式起訴に持ち込み、不起訴処理を覆して、40万円の罰金刑に処した、この一連の記録も持って居ます」

お判りでしょうか「主治医への、警察、検事による医療捜査を行う事で、交通事故が原因で、被害者は怪我を負った、治療を続けて居る事を、一定証拠として、揃えられるのです」

この、捜査機関による、主治医への医療捜査実施で「受傷原因は不明、一週間の加療を要する、この闇で決めて有る、やらせ診断のみ、証拠にもならないが、使っては有る、人身交通事故事件用の手口は、崩壊させられるんですよ”車の事故被害で、カ月単位治療を続けて居る”これも証明されます」

この実例でも分かるように「主治医への、捜査機関による、医療証明捜査実施を、人身交通事故被害者、今後は他の傷害事件被害者も、実施させるよう、捜査機関に要求して、実施しない限り、調書録りに応じない事です”これをしない事で、交通事故で死傷する被害者は、医証拠上居ない”と、常時捏造して、成功させて有るのだから、刑事事件捜査証拠、捜査資料で」

で「対人加害は虚偽、立証されておらず、無かった、よって加害者は無責、たまに”形だけ過料制裁”正式刑事裁判は、行わず逃がす、被害者が、どれだけ交通事故で重傷を負って居ようと、医証を残さない刑事事件やらせ捜査、事件記録で、交通事故で重い怪我をった、治療を長期続けて居る事を、消して通されて居るのだから」

理由は「損保が合法な賠償を、何時もせず逃げられるように、これが目論見でです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:6561104
ユニークアクセス:5726794
今日
ページビュー:1484
ユニークアクセス:1472
昨日
ページビュー:1782
ユニークアクセス:1777

Feed