エントリー

どんドン悪質化が、損保、提携弁護士指揮、刑事事件から捏造成功が武器

  • 2021/06/14 07:46

どんどん荒っぽくて、悪質化して行って居ます「損保が賠償せず、常時逃げられるようにと言う目論見で”他者の肉体に、どんな危害を加えても、被害者が死傷する事は無い、主治医に因果を含めて有り、主治医への、捜査機関による、受傷原因、受傷部位と程度、実際の治療期間、予想全て、捜査から省く手で”他者の肉体に危害を加えても、被害者が死傷する事は無いと、刑事事件証拠、捜査で常時捏造、この犯罪が、荒っぽさを加速させて行って居ます」

人身交通事故事件は存在しない、この手口が常時成功して居る故だ、これで味を占めている、支配する損保、提携弁護士、下僕の金融庁、法務省、司法、警察は「この手で、自賠責支払い踏み倒しと、他の傷害事件、業務上、労災適用以外、交通事故事件以外の、個人賠償を適用させられる、加害者が被保険者の傷害事件へも”捜査捏造の手を踏襲させて”傷害加害で、被害者が死傷する事は無い、これを常時、刑事事件捜査で、人身交通事故事件と同じく、捏造を成功させて」

個人賠償特約からの支払いも、ほぼ潰せるように、損保、提携弁護士が指揮を執り、このやらせ刑事事件捏造捜査、常時捏造成功「傷害事件被害者は、賠償金狙いの詐欺犯、加害者は刑事、民事とも無責、損保も賠償責任無し、を達成出来るように、実際暗躍して居ます」

しかも「このやらせ刑事事件捜査捏造を、もっと確実に成功させるべく”人身交通事故、傷害事件加害者に、保険料資金から、刑事、民事弁護費用を拠出して、実際は損保が指揮を執るが、加害者の意思と偽り、刑事事件詐欺証拠、記録捏造の指揮を、損保が提携弁護士を操り、執る、ここまで悪質化して居ます”」

これまで出来る訳で、損保、提携弁護士は、常時傷害事件を潰せて、賠償、補償支払いを逃れられる訳です、何しろ「刑事事件証拠、記録で、傷害事件加害で、被害者が死傷した事実証拠は、常に無くさせて有るのですから、不死身なのです、傷害事件被害者は、刑事事件証拠、記録上、損保、提携弁護士の捜査捏造指揮、によって、是非被害者、人身交通事故事件証拠、記録写しを取り、確認して下さい、こう捏造されて居ますから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837870
ユニークアクセス:5010709
今日
ページビュー:532
ユニークアクセス:531
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed