エントリー

人を死傷させた事件、重大な犯罪行為ですが、損保が賠償を踏み倒せる為に、傷害、傷害致死犯罪抹殺常時

  • 2021/06/20 16:29

他者の体に、物理的な加害攻撃を加えて、怪我を負わせた、死なせた事件、重大な犯罪行為ですが、加害行為者、被保険者である加害責任者が、傷害、傷害致死行為により、被害者に対して負った、損害賠償金を、損保が補填するので。

刑事事件の捜査を、常時でっち上げ、捏造を武器とさせて、傷害、傷害致死被害は証明せず、人に危害を加えても、人が死傷した、と、刑事事件捜査内容、証拠(を故意に作らないので)では、基本どの傷害、傷害致死事件でも、証明されて居ない、よって「他者の人体に危害を加えた加害行為者は、刑事事件捜査内容上、無責であるので、損害賠償責任も無し」

こうでっち上げ、捏造し捲り、損保が賠償を、法律に拠らず踏み倒せています、警察、司法、法務省、医療が、ここまでの権力テロ、犯罪を、損保の下僕に堕ち切っており、日々凶行して、事実と捏造して、決定を重ねています。

損保が、傷害事件、傷害致死事件の捜査から指揮を執れていて「他者の人体に、物理的な攻撃を加えても、人が死傷した事件は、刑事事件捜査記録、証拠上無いと、違法捜査、違法な検事の決定、違法な裁判官決定、判決で”常時捏造して、決定させて有る”ので」

傷害行為者、他者の人体に、物理的な攻撃を加えて、死傷させた加害行為者、加害責任者は「損保が傷害、傷害致死事件加害により、加害責任者が被保険者、賠償責任者故、損保が賠償債務の補填が必要となれば”他者の肉体に、物理的な攻撃を加えても、人は死傷する事は無い”と、捜査機関、警察、司法が、主治医と共謀もしており、偽りですが、事実と刑事事件捜査、証拠ででっちあげて、検事、裁判官が、第三者行為傷害で、被害者が死傷した証拠、事件は無し!と、権力テロに走り、決定を常時下して呉れて有るんです」

結果、実際の総指揮を執って居る、損保と提携弁護士、と言う構図が物を言い、上記巨大権力テロが、日本中で成功させられて居ます、この犯罪捜査証拠が、損保の最高の武器、自由に賠償を踏み倒せている、最高の武器と言う事です。

人の肉体に、どれだけ強い、悪質な危害を加えても、被害者が死傷した事件、事件証拠、記録は、実際無いに等しい、刑事事件の捜査証拠、結果が常にこうだ、被害者は、賠償金欲しさに、肉体への危害を加えられて居る、との嘘を吐いている、詐欺犯罪者だ、警察、司法他は、他者の肉体に危害を加えて、死傷させた事件も「上記テロを常時凶行して、人は人体に危害を、幾ら加えられても、死傷する事は無いと、公に、常時捏造を重ねて、損保が賠償を踏み倒せる用、権力テロを凶行三昧しています」

傷害、傷害致死罪適用犯罪も「犯罪では無いと、損保が賠償せず通せるように、強制刑事事件捜査捏造常時、これに狂奔しており、この捏造事件証拠、記録写しを損保、提携弁護士に差し出して、損保による正当な賠償を、自由に踏み倒し放題出来ています、人権等塵、と言う実態です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745402
ユニークアクセス:4919279
今日
ページビュー:2627
ユニークアクセス:2583
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed