エントリー

巨大な、損保が賠償踏み倒し常時用、刑事訴訟法、自賠法蹂躙他犯罪が

  • 2021/06/22 12:15

自賠責事業と言う、国の強制補償用保険業務を「損保、共済と言う、民間事業者に”事業母体である、国土交通省は、実質何の監査もせず”丸投げして、法律等無視させて、国の補償事業を担っている、国として損保、共済は、治外法権が認められて居るんだ、犯罪し放題特権までもって、与えられて居るんだ」

こう嘯き、提携弁護士、弁護士会、法務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察を下僕で従えて、損保独裁、テロ犯罪に狂奔し捲り、犯罪の限りを尽くせて、犯罪を見逃されて通って居ます。

この現実のまま、損保が犯罪刑事事件捜査の指揮を執り続けて、人身交通事故事件、他傷害事件も、損保が被保険者、加害行為により、被害者に賠償責任を負った被保険者を「違法を重ねた刑事事件捜査、この、有り得ない筈の警察、司法テロを常時成功させて、人体への加害行為で、被害者は死傷した事実、証拠は無い、証拠隠滅、故意に医療証拠揃えず、が常の捜査だから、この犯罪刑事事件捜査常時、が常と言う現実が有り」

傷害事件加害者は「犯罪捜査、証拠隠滅、抹殺によって、傷害罪加害事実が無くして有り、刑事、民亊とも無責だ、これで常時決定して有るから、刑事罰を正しく科せられる事も無いし、傷害罪危害も消されており、被害者への賠償責任も、実質存在しなくさせて有るんで、傷害事件加害を、好きなように加えて、逃がされて居るからくりです」

こう言う、警察、司法他が、損保の下僕に堕ち切っており、損保、提携弁護士の、この犯罪の指揮を受けて、常時凶行三昧、詐欺刑訴法事件、捏造で傷害事件加害者は、被害者を死傷させた証拠、事件事実無し、常時こう捏造して、決定させて有る、刑事事件記録と言う、絶対の武器の写しも、先に立って提供を受けて。

捏造して有る、刑事事件捜査証拠、記録の写し、絶対の武器、被害者の、傷害罪被害による怪我は嘘、賠償詐欺を働いている、詐欺犯だ、この捏造済み公式証拠で、被害者は賠償詐欺犯罪者と、闇で仕組んで有る、詐欺刑事事件捜査証拠が武器、により、被害者を陥れ放題も実際やり放題とされています。

私も今、この罠に落として粛清しようと、損保が指揮、捜査機関らが損保の下僕ですから、罠に落として粛清を果たそうと必死、の罠に落とされています。

こう言った、損保、警察、司法ぐるみの、人身交通事故受傷被害者と言う事実を「医療証拠抹殺、故意に、強制的に揃えない不文律、損保が賠償を、自由に踏み倒せる武器を闇で作り、提供して、正当な賠償踏み倒し常時、これを成功させる悪事に用いさせる、警察、司法、法務省、医療行政の闇の取り決めも、実例証拠共々、公開証明されて居るんです」

で、この偽造刑事事件捜査証拠が武器とされて、人身傷害事件被害者は、賠償詐欺犯と、捏造されており、冤罪を成功させられても居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391272
ユニークアクセス:6544142
今日
ページビュー:242
ユニークアクセス:239
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed