エントリー

損保犯罪賠償

  • 2021/06/22 14:31

損保、提携弁護士が指揮を執って居る、犯罪で賠償踏み倒し常時、人身交通事故事件の刑事捜査から、傷害事件で有る証拠隠滅、故意に医療証拠造らず、この手口を恒常的に使い、傷害事件を潰して居る。

車で人に危害を加えても、被害者の主治医、治療先に、傷害事件で人体に怪我を負った事を、故意に刑事事件捜査で証明しない手、を使われており、傷害罪事件は「日常的に、無かった事と、刑事事件捜査で捏造されています、この手が常時使われており、傷害事件加害者は、刑事、民事共無責、出鱈目な、軽微な加害と、虚偽で決めて逃がされています」

刑事事件の捜査を捏造して、車によって人の体に危害を加えても、人が死傷する事は無いと、偽造捏造、医療証拠隠滅、故意に揃えない、刑事事件詐欺捜査を恒常的に実行で、事実を抹殺、傷害事件を消して有る。

自賠責事業と言う、国の補償事業にしても「損保、提携弁護士、検事、刑事、民事事件裁判官、裁判所、法務省、金融庁、警察を、損保、提携弁護士が下僕で支配出来ており”上記犯罪を状に凶行、成功させて有る”から、でっち上げで自動車による、人の肉体への加害行為は起きていない”とも、捏造して決められているし、刑事事件捜査、証拠で、自動車で人の肉体に危害を加えても、死傷する事は無い、常時この犯罪決定済みだから”」

民間事業者の損保、職員は、ここまで巨大な「人身交通事故事件、他の傷害事件を、警察、司法を実際は指揮して居て、捜査で傷害が生じた事実、証拠から抹殺させて、傷害事件、加害行為事件は、刑事事件の証拠、事件構成、記録上無しを、日常的にでっち上げさせて、確定させて、通せている、テロ特権も持てています」

自賠責事業と言う、国の補償事業も合わせて「後遺症の認定?なる代物も”法律に沿わさず、損保、提携弁護士、裁判官らで、でっち上げ、出鱈目三昧に明け暮れています”自賠法の根拠?そんなちゃんとした規定は無い、損保、提携弁護士、裁判官の独善で決定して居る、事実がこうです」

14級の後遺症が下りた、後遺症残存年数規定は、14級だと2~5年で完治、医学では無くて、自賠責事業の規定なのですが「医学的証拠、証明は無視で”損保職員、裁判官、弁護士が独善で決めた、自賠法にもよって居ない、規定による決定、この詐欺後遺症残存年数捏造で決定して居るが”後遺症認定等級毎に、後遺症残存年数を定めて有るが、損保職員、提携弁護士、民亊の裁判官で、出鱈目に決めて、押し付けている、これも真実です」

後遺症14級が「一回下りれば、何十年経過しても、二度と後遺症を下さない、医学でも無く、損保の担当者が、過去の後遺症認定を認めたら、二度と後遺症は下りない、実際の、自賠責強制保険の現実です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2024年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:7391304
ユニークアクセス:6544173
今日
ページビュー:274
ユニークアクセス:270
昨日
ページビュー:645
ユニークアクセス:640

Feed