エントリー

何処までも凋落を、国家権力集団の実際、刑事事件捜査も

  • 2021/06/28 07:27

国家権力側に立っている連中の、実際の資質、知識等レベル、まともさ、遵法意識の現実は「憲法、法律を、正しく理解して、適用させられるようなレベルには、全く無い、カルト集団が正解、と言う現実です」

国家権力側に立って居る、資質も何も、備わって居ない集団が実際ですし「刑事罰を適用される、権力を悪用させた犯罪も、警察、司法が犯罪者側、実行犯と言える現実なので、国家権力側に立てれば”権力犯罪を、好き放題凶行して、犯罪が暴かれても、刑事訴追される事が無い”これが実態の日本国なのです」

この、独裁テロ権限を持つ、警察、司法なる独裁テロ組織、集団の、実際の程度が又、呆れ果てるまで酷いと来ています「数十年間、ほぼ”刑事訴訟法による、事件の捜査、証明方法?等、変わって居ないと来ています”元々正しくない、刑法事犯犯罪の立証方法を、数十年不変で通せて居る上」

犯罪者が権力側なら「被害者を陥れて、冤罪の罠に落として、加害者を守り、逃がす事が常、も現実として有ります」

人身交通事故事件の現実、傷害事件で有る事を、医学的証拠を故意に、強制力行使で揃えない事で、傷害事件は存在しないと、常時捏造して、通して有る、警察、司法他共謀、国家権力犯罪の現実を見ても分かります。

預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒、主眼が弁護士、司法書士用の、犯罪でしのぎを得られるように、弁護士会、検察庁、検事、裁判所、裁判官、法務省、金融庁、国税、警察組織らで仕組み、長年成功させて来た、国家権力犯罪の事実でも分かる事です。

辯護士、司法書士、検事、裁判官の、実際の資質、頭の程度は「国家権力を悪用させて、犯罪を恣意的に決定させて、通せる特権、この闇特権を使い、他者の財産収奪、損保合法賠償叩き潰し、これ等も常時成功させて、長年来れているのです」

司法、警察が犯罪集団、権力犯罪を抹殺して、権力犯罪被害を受けない人間、権力犯罪を暴き、潰す人間は、冤罪粛清を常時成功させても居る訳です、権力側に立てる、擦り寄って共謀犯罪に手を染めれれば、犯罪で処断される事が無くて、犯罪で稼げるのですから、これで近代法治国家、嘘ですよ、完全な。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837842
ユニークアクセス:5010681
今日
ページビュー:504
ユニークアクセス:503
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed