エントリー

これで近代法治国家の警察、司法、法務省と言う

  • 2021/06/29 07:51

過去に傷病治療履歴が有ると「医学的根拠証拠を飛ばして”今回の交通事故が原因の怪我は嘘だ、過去の怪我が原因の治療だ”こう、言い掛かりで、医学的根拠証拠を無しで、損保、提携弁護士、民事裁判の裁判官、裁判所が共謀して言い張れば”」

傷害事件を、医学的証拠隠滅、抹殺で故意に揃えていない、交通事故人身事件等、傷害事件なる、詐欺捜査によって、刑事事件捜査で抹殺して有る、この警察、司法犯罪と言う、強大な、恐喝を成功させて有る武器が、常時作られるので、今回の交通事故で負った怪我では無いや、負った怪我は、偽造した刑事事件捜査記録で明らかなように、極めて軽い怪我だ!このでっち上げが、常時通せています。

闇で仕組んで有る、やらせ警察、塩飽、法務省、国交省、金融庁犯罪なのです「ここまでの極悪犯罪を仕組んで有るから”損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所は、常時傷害事件を無い事件や、軽い怪我だ”等、公式捏造、決定して通せています」

人を死傷させた事件、この事実を、これだけの警察、司法他テロ犯罪を仕組み、成功させて「賠償詐欺を成功させる事と、被害者を、でっち上げで賠償詐欺犯罪者に仕立て上げる、冤罪事件捏造を、常時成功させて来て居るのが実際です」

まあ、人身傷害特約損保、任意部署が「昨年8月11日の、警察官が追突した事件で、追突された私は怪我を負って居ない、実際は、平成20年10月21日の、追突被害で負った怪我、後遺症が下りている怪我の悪化だ!と、自賠責審査を経ず決定証拠が有ります、この結果から、正しく」

自賠責事業への、後遺症再審査複数実施手続きも取り、合否をはっきりさせて行きましょう、自賠法を持った、詐欺事件捜査記録が有る事を前提とさせた、人身傷害扱い損保の決定ですし。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837840
ユニークアクセス:5010679
今日
ページビュー:502
ユニークアクセス:501
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed