エントリー

司法犯罪被害に立ち向かうと

  • 2021/06/30 06:32

司法犯罪被害に遭い、立ち向かうと、逆上に走る弁護士の指揮で、警察、検事、検察庁、刑事、民事事件裁判官、裁判所、法務省等が「国家権力を悪用に、更に走り、粛清する為攻撃して来ます”自分達の悪事、権力を悪用しての犯罪を、公に証明され、糾弾されて、逆上、逆恨みするから、司法犯罪を糊塗する為、正しい側を陥れると暴走するのです”」

司法犯罪被害を、正しいからと甘受しないと、こうなる訳です、この手で今までずっと「司法犯罪が成功させられて、通せて来たんだから、合憲、合法が正しく通されるなら”弁護士、検事、裁判官、法務省の役人は、今までの権力テロ、犯罪の手口を捨てて、責任を負う事になるし”」

今から合憲、合法が正しいと改める、とされても「理解自体出来ないのが実際です、合法と犯罪と、どっちが正しいのかも含めて、判断する資質、知識、思考力等が欠落して居るのですから、自分で事件、法律問題を把握、理解する事が不可能、弁護士、検事、裁判官の、これが実際ですから」

この事実、真実が前提であるので「他者の預金泥棒、遺産、遺産預金泥棒に成功すれば、盗みに成功した、他者に権利のある預金、財産は、泥棒と共犯弁護士、司法書士が所有権を得られた、と法を犯して決定され、通して来た、法の破壊を、警察、司法、国税、法務省、金融庁、金融機関、報道カルトの犯罪追認、共謀加担により、泥棒を合法と、虚偽決定させて、通して来た、となって居るのだから」

法曹資格者、警察、報道カルトが共謀犯で「1960年の、ブレーキとタイヤの制動性能数値で、今も交通事故事件捜査を通して有る、理由は”現在のブレーキ、タイヤの制動性能より、3倍以上制動距離が長い”から、実際は時速100キロメートル以上の速度で事故を起こして居ても、この古い制動性能データを適用させると、時速40~60キロメートル以内の速度で起こした交通事故”と、事故を思いっきり、捏造で軽く偽装出来て居ると言う事です」

この詐欺事故事実決定と、主治医、医療機関への、傷害事件で有る事を立証させる、医学的根拠証拠を揃える必須捜査を、故意にしない手が組み合わせて有り「交通事故は軽い、よって人身被害者も、怪我を負って居ないか、極めて軽い怪我であると、常時捏造した、刑事事件捜査、処分とされています、理由は”損保、提携弁護士が、この刑事訴訟法手続きを謳う犯罪捜査恒常化を武器とさせ、対人賠償を踏み倒して、成功するように”仕組まれて居ると言う理由です」

これ等司法、警察他犯罪を受け入れず、正しい事実、証拠、法理論を武器として対抗すると「犯罪が暴かれ、しくじる恐れにおびえて、逆上した司法、警察らは”冤罪粛清に走って来ます”司法悪を正しく証明されて、逆上して、正しい側を冤罪粛清して、司法が正しいと、世の中に喧伝して、司法犯罪を潰されて、責任を負わされない為です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745529
ユニークアクセス:4919406
今日
ページビュー:2754
ユニークアクセス:2710
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed